広告

【ヒロアカ】285話のネタバレと考察―

ヒロアカネタバレ
広告

いよいよ決着がつくか!?最後の力を振り絞ります!

そして爆豪がまさかの成長!

[ad]

284話の振り返り

個性「浮遊」と「黒鞭」を駆使して死柄木と戦うデク。

かっちゃんは、デクが戦うことを止めようとするも、他に戦える人もいないので、デクはやめる気はありません。

かっちゃんはオールマイトとの会話を思い出します。

ワン・フォー・オールの力をもつことの危険性について話しています。

デクが「根っこのところで自分を勘定に入れていない」、つまり自分がどうなってもいいから相手を助ける、という精神が理解できずに虐めたことを明かしました。

今も自分を顧みず100%の力で戦うデクのサポートをしようと、エンデヴァーを抱え空へ飛びあがるかっちゃん。

死柄木にとどめを刺すことはできるでしょうか。

<284話  286話>

[ad]

285話のネタバレ

以下、今週のネタバレになります。

デクの猛攻

空中で「黒鞭」と「浮遊」を駆使しながら戦うデク。

すれ違いざまに風圧で街が壊れるような攻撃を3発も当てます。

腕はボロボロですが攻撃を緩める気はなく、デトロイトスマッシュ、ワイオミングスマッシュ、セントルイススマッシュと連打します。

ダメージが再生を上回る程の攻撃を受け、防戦一方の死柄木。

そしてOFAは自分の夢を阻むと悟り、今つぶすために防御ではなく攻撃をしようと右手を構えます。「空気噴射」でしょうか。

デクもテキサススマッシュを打ち、お互いダメージが大きい模様。

死柄木はデクを仕留めるための個性を探します。

かっちゃんの分析

デクの空中戦を見て圧倒されてるヒーロー「マニュアル」ですが、かっちゃんはこのままだと勝てないとみています。

デクが持てる力を総動員して戦って初撃で倒せなかった以上、再生をもつ死柄木と耐久戦で勝てるわけがないと踏んでいます。

そこで、轟君がエンデヴァーの体を冷やし、かっちゃんがエンデヴァーを死柄木のもとまで運び、エンデヴァー最高火力で仕留める、という作戦を立てます。

かっちゃんは、2人を抱え空へ飛びあがりました。

 

「たとえOFAが呪われた力だったとしても」という言葉と一緒に思い出すのは、オールマイトとの会話や、自分がデクを虐めていた記憶。

続いて「ワン・フォー・オール(それ)は…」という言葉とともに、かつて憧れたオールマイトや、OFAを得て成長したデクの姿、そして今のデク。

エンデヴァーの一撃

黒鞭が伸びきってデクが次の攻撃に移ろうとしたその瞬間、かっちゃんがエンデヴァーを死柄木のもとまで投げ飛ばし、エンデヴァーは死柄木を羽交い絞めにしました。

驚くデクに離れろと叫び、渾身の攻撃「プロミネンスバーン」を放ちます。

灼熱の炎に焼かれる死柄木。

その頭では、「身体を貸してごらん弔」というオールフォーワンの言葉。

オールフォーワンが上野の戦いでも使っていた触手のような個性が出て、エンデヴァーを突き刺しました。

爆豪勝己:ライジング

力尽き、落ちていくエンデヴァー。

黒こげのままの死柄木が、なにかを呟きながらデクの方へ向き直ります。

「弟をー…」といいながら触手をデクに向かって伸ばしました。

「その時俺の頭には」というナレーションとともに描かれるかっちゃん。それと昔の記憶。

そして、「何もなくてただ身体が勝手に動いてた」と、デクを突き飛ばし死柄木の攻撃の身代わりになりました。

今回のタイトル「No.285 爆豪勝己:ライジング」の文字が出て終了です。

285話の考察

衝撃の展開!

嬉しくも悲しくもあるような複雑な気持ちになりますね。

ツイッターのトレンドにも上がりました!

続きが気になるな~

考察1 デクの怪我

林間合宿で血狂いマスキュラーと戦った時には、100%の力を使い壊れた腕でさらに1万%(気持ち的に)の攻撃をしました。

その時の医者には「もう2度か3度同じような怪我が続けば、腕の使えない生活になると思っといて」と言われました。

それからは壊理ちゃんと戦った時に100%を使いましたが、時間を巻き戻す個性で怪我はしないまま戦い、

それ以外には100%を使っていないので怪我はしていません。

そして今回ですが、100%を何度も使っています。デクは今、それだけの覚悟をもって戦っているということですね。

体は鍛えているので前よりは怪我の程度は軽いはずですが、何度も100%を使えばボロボロになります。

この後の話を考えると、この戦いで腕が使えなくなることはないでしょう。

しかし、もう後はないかもしれません。

この戦いの後は、100%に耐えきれる体が完成するまで、100%を使うことはない…

つまりは、死柄木との本当の最終決戦では完璧にOFAを使いこなせるようになっているのではないでしょうか。

(僕は、今回の戦いでは死柄木達が勝利し、一度悪に支配される時代が来ると思っています)

考察2 かっちゃんの心境

「たとえOFAが呪われた力だったとしてもワン・フォー・オールは・・・」

そんなかっちゃんの心の声が描かれていますが、この続きはなんなのでしょう。

結論から言うと「憧れだった」とか「俺のヒーローだ」とかになると思います。

デクが憧れた「助けるヒーロー」と、かっちゃんが憧れた「勝つヒーロー」。

この場面では「勝つヒーロー」にスポットを当てているように感じます。

何度突き放しても諦めず立ち上がり今では自分より前にいる、そんなデクに心の底では憧れに近い感情を抱いていたのかもしれません。

 

そして、最後の場面では正真正銘「助けるヒーロー」になりました。

しかも、身体が勝手に動いていた。

デクが1話でかっちゃんを助けたときも、身体が勝手に動いていたと言っています。

かっちゃんのピンチでデクがヒーローになり、デクのピンチにかっちゃんがヒーローになった。

熱い!熱すぎる!!

しかも前話ではデクの自己犠牲精神をかなり気にしている様子でした。今話でも「勝つヒーロー」を意識させるような描写がありました。

それも全部伏線だったんでしょうね!

考察3 エンデヴァーの生死

死柄木の職種のような個性に刺されてしまったエンデヴァーとかっちゃん。

まず、エンデヴァーですが、3か所刺されています。

右肩、右わき腹、左胸です。

心臓いっちゃってますね…

家族や過去と向き合おうと変わりつつありましたが、打ち解けることなく死んでしまうのでしょうか。

このまま死柄木側が勝利するなら、現No.1を殺して悪の統治の時代が始まる、という物語としては妥当な展開ですよね。

既に何度も活躍してますし、個人的にはここで退場になるではないかと思っています。

考察4 かっちゃんの生死

身を挺してデクを助けたかっちゃん。

エンデヴァー同様、2か所?刺されてしまいました。

左肩と右わき腹です。心臓は避けています。

他に大きな怪我もありませんし、漫画ならこれでは死なないだろうって程度ですね。

 

物語的にはどうでしょう。

これまでかっちゃんの精神的な成長は丁寧に描かれてきました。

デクは体は未熟ですが、「人を助ける」というヒーローの心は最初から完成されています。

逆にかっちゃんは肉体的には最初から強いが、内面が問題でしたね。

勝つことが全てで他人を見下していたかっちゃんが、自分の弱さを認め助けるヒーローを目指しました。

それが今回、無意識で「助けるヒーロー」になり、精神的にもヒーローとして完成したとも言えます。

これからもデクと競い合い磨き合って成長してほしいものですが、ここで退場という線も十分あり得るかなと思います。

考察5 笑顔

理想のヒーロー像の話の時によく出てくるのが「笑顔」。

そういえば、この死柄木との戦いでは全然誰も笑っていないんです。

かっちゃんも「壁を前にしてよく笑う」とオールマイトに評されています。

この戦いでずっと悔しそうな顔が何度も何度も描かれていました。

それがデクを助けて笑ったりしたらチョーカッコイイんじゃないかな~!

そのまま死んだりでもしたら…

恐ろしいですね。

[ad]

今後の展開の予想

う~ん。どうなるんだろう。

動けるヒーローがまだいるとも思えないけど…

そうだ!一つ心当たりが!

ベストジーニスト!

ホークスに殺されたっぽいですが、偽装だった可能性もあります。

かっちゃんのヒーロー名も明かされていませんし、最初に伝えたい相手として有力な候補もベストジーニストです。

本物のヒーローとなった今、ベストジーニストの登場&かっちゃんのヒーロー名発表ありえるんじゃないでしょうか!

<284話  286話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました