広告

なぜカフカを選んだ?怪獣8号の目的とは

その他のマンガ
広告

次にくるマンガ大賞2021にて、Webマンガ部門で1位となった怪獣8号。

この作品のタイトルにもなっている「怪獣8号」とは、主人公の日比野カフカが怪獣に変身した姿のこと。

小型の怪獣がカフカの口の中に侵入し、その結果カフカが怪獣へと変身したのです。

現在は怪獣の力を使って防衛隊として活躍していますが、怪獣8号がカフカに寄生した理由など、いくつかの疑問が残っています。

今回は、それらについて考察していきたいと思います。

広告

怪獣8号にまつわる伏線

8号の正体にまつわる伏線がいくつかありましたので、ご紹介します。

ちなみに、怪獣8号がカフカの制御を越えて暴走した際、体内世界(?)では、カフカと口に入り込んだ怪獣が描かれていました。

その怪獣は独自の意識をもっているので、怪獣8号の本体だと考えることができます。

ミツケタ

8号は病院でカフカの口の中に侵入しましたが、この時に「ミツケタ」と発言しています。

このことから、カフカはたまたま選ばれたのではなく、何かしらカフカ出なければならない理由があったと考えられます。

解放戦力の低さ

防衛隊に入るための2次試験では、防衛隊のスーツを着用しての戦闘が行われていました。

このスーツは怪獣の身体から作られており、スーツの力をどれだけ引き出せているかを「解放戦力」と呼びます。

解放戦力は、訓練を積んだ一般隊員で約20%。

初めてで8%という数字を出していた市川レノは「上出来だ」と褒められていました。

 

ところが、カフカの解放戦力は0%。

第3部隊副隊長の保科が知る限りでは、0%の人はこれまでいません。

これは、怪獣8号が関係しているのかもしれません。

怪獣を殺したい

カフカが怪獣8号だとバレてしまい、上層部のもとへと運ばれます。

そして防衛隊の長官・四宮功と直接対決をすることになります。

 

怪獣2号のスーツをまとって戦う長官に、カフカは追いつめられてしまいます。

すると怪獣8号がカフカの意思に逆らって暴走したのでした。

その時、カフカの体内では、8号が「カイジュウ…コロス…」と言っていたのです。

どういうことなのか考察していきます。

広告

8号の目的

上記の伏線から、怪獣8号は他の怪獣を殺したいと考えているようです。

ですが、その理由までは分かっていません。

個人的な恨み

怪獣8号が個人的に怪獣に恨みをもっているという可能性は考えられるでしょうか。

例えば、弱かった頃に虐められていた等です。

防衛隊のスーツを着れないのも、怪獣の気配を感じ取って邪魔をしていると捉えることが出来ます。

 

ですが、これには怪獣8号の知能がそんなに高いのかという問題があります。

怪獣9号などは人間に溶け込んで生活までできるなかで、8号が今まで発したことがあるのは3語だけ。

戦闘では多彩な動きを見せましたが、ただ単に本能で動いていたかもしれません。

それ相応の知能がないと恨みを抱くことはないでしょうから、微妙な部分です。

怪獣の生態

恨みというよりもそういう生態と考える方が自然かもしれません。

「蟻型の怪獣が地表に出ることはほとんどない」「翼竜系怪獣は単独行動をする」などの情報から、この世界での怪獣はそれぞれ独自の生態をもっていると考えられます。

しかしその場合は、殺そうとするにも理由があるはず(例えば食べるため)。

カフカの体内に侵入したのも、人間に寄生する生態だったからかもしれません。

広告

怪獣8号がカフカを選んだ理由とは

8号の本体は1話でカフカの体内に侵入しましたが、その前に「ミツケタ」と言っています。

ですので、カフカはたまたま寄生されたのではなく、カフカでなければならない理由があったということ。

カフカは選ばれた存在だったのでしょうか。

適合者

この世界では頻繁に怪獣が現れますが、その中でも特に強いものは「怪獣〇号」というように名前を付けられ、識別怪獣と呼ばれます。

識別怪獣からは特別な武器やスーツである「識別怪獣兵器(ナンバーズ)」が作られます。

ですが、ナンバーズは誰でも装備できるわけではありません。

適合者でなければ使うことはできないのです。

 

これと同じように怪獣8号にも適合者がいたのではないかとも考えることができます。

そもそも怪獣8号がどんな生態なのかも謎ですが、人間に寄生する必要があったのなら適合する肉体でなけらばならないはず。

それがカフカだったのかもしれません。

カフカという人物が重要

肉体の問題ではなく、カフカであることが重要であった可能性もあります。

例えばですが、カフカの親が怪獣8号を作り出しカフカに向けて送っていた、などです。

現段階では手がかりがないので、無限に可能性は考えられますね。

また、カフカの両親については触れられていないので、関わってくるかもしれません。

広告

まとめ

いかがでしたでしょうか。

怪獣8号の謎について考察しました。

8号だけでなく、9号や10号などの怪獣もこれまでとは明らかに違う動きをしているようです。

何か関係があるような気がしてなりません。

この物語の根幹に関わってくるような重大な秘密かもしれません。

今後も注目したいポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました