広告

怪獣9号はラスボスなのか⁉大怪獣を狙う真の目的を考察【怪獣8号】

Uncategorized
広告

「怪獣8号」では、特に強い怪獣は識別怪獣と呼ばれて〇号と番号が付けられますが、9号は防衛隊にとってもかなり厄介な存在。

現在も防衛隊の第1部隊と戦闘を繰り広げ、物語が盛り上がっています。

ですが、9号はまだまだ謎の多い存在。

今回は、9号の特徴と目的について考察していこうと思います。

特徴

怪獣9号は、防衛隊の2次試験で初登場した怪獣です。

人型で知能が高く、日本語を話すことができます。

 

他の怪獣には見られない特徴として、学習能力をもつことが挙げられます。

人との戦闘の中で学習し、姿や戦闘スタイルなどが変化するため「ウイルスのような」と形容されていました。

 

頭部には房があることや、菌類系怪獣を従えていたことなどから、キノコをモチーフとしていると思われます。

広告

能力

9号は様々な能力を駆使して、人間社会の潜伏や戦闘をします。

まずは9号がもっている能力についてまとめます。

人に化ける

人間に化けることが出来ます。

最初に人間として登場したのは、カフカの元職場であるモンスタースイーパーの新人としてでした。

その後正体がバレてしまい、姿を変えます。

その際に一人の男を殺して乗り換えていますので、元となる人間が必要になると思われます。

もしかすると後述の死体を操る能力を使っているのかもしれません。

察知能力

怪獣8号には他の怪獣を察知する能力がありますが、9号にもあると見られます。

地中にいたにもかかわらず、ピンポイントでカフカのいる場所に出現しています。

そして、「怪獣8号の反応があった」と言っていますので、位置まで正確にわかるようです。

死骸を操る

初登場時からですが、9号が現れた時には討伐したはずの怪獣が動きだす現象が起きています。

他の怪獣を盾にして攻撃を防御していたので、メカニズムは不明ですが操れることは間違いないでしょう。

また、「蘇らせるか?」と発言していましたので、死骸を動かすので復活させているようです。

 

怪獣8号と戦闘した際には、「手下に欲しいな君の死骸」と発言しています。

また、怪獣2号とその適合者を奪うことを目論んでいるようです。

自分の手駒としてもしくは自分自身を強化するために利用のかもしれません。

他の怪獣との連携

第1部隊と戦った際には、蟻型の怪獣を引き連れて現れました。

8号自身も蟻の頭から上半身が出ているような、融合している状態でした。

9号は死体を操る能力を持っていますが、蟻型怪獣に傷などはなく、生きた怪獣を統率していたとみられます。

擬態空間

9号は、外から感知できない「擬態空間」を作り出すことができます。

通信などは通じず、物や生物も9号の許可なしには出られません。

ですが、本人の意思とは無関係に壊れることもあるようです(おそらくは怪獣8号の仕業)。

分裂か増殖

大部隊との戦闘時には怪獣9号は2体になっていました。

防衛隊は分裂か増殖だと分析していましたが、9号の発言から2体は融合できることがわかります。

このことから分裂と考えるのが妥当でしょう。

学習能力

先述のように高い学習能力をもちます。

怪獣8号にやられかけた後は蟻型怪獣と融合した姿になったり、戦闘中に戦い方を変えたりと、防衛隊には厄介な存在。

現在も第1部隊と9号戦闘中ですが、ここで倒し切れないと今後恐ろしい相手になりそうです。

広告

戦闘スタイル

9号は戦闘力も高く、防衛隊のメンバーも苦戦を強いられています。

9号の戦闘スタイルについて以下にまとめました。

自分では戦わないことが多い

9号は本人自身が戦うよりも、他の怪獣を使うことが多いです。

これまで行われた戦闘の多くは偶然出くわしたので戦ったというのがほとんど。

自分から出てきたのは第1部隊と戦った時のみです。

 

そして第1部隊との戦闘においても、蟻型の怪獣を使っています。

人間社会に溶け込むために極力自分が戦うことを避けているのではないでしょうか。

攻撃手段

主な攻撃の手段は、指から発される攻撃です。

銃を撃っているかのような攻撃ですが、固体やレーザーなどを飛ばしているような描写はありません。

指先が膨らむ予備動作があることは確認されています。

空気を勢いよく押し出しているとかでしょうか…。

 

また、腕を増やしたり、大きめに膨らませて威力を高めたりと応用もしています。

広告

目的

ここまで怪獣9号の特徴を見てきましたが、9号は計画的に行動している様子が見られます。

ただ暴れたいのではなく、何か大きな目的があるのではないでしょうか。

大怪獣の力

9号は、8号の強さを見た後には、8号の力を手に入れようと動いています。

また、2号の身体とその適合者である長官をも奪おうとしてしています。

このことから、9号は大怪獣の力を欲していると考えられるでしょう。

 

ですが、それらは恐らく強くなるための手段に過ぎないのではないでしょうか。

真の目的とは?

ここからは伏線らしい伏線が見つからないので完全に想像になります。

生きるため?

まず考えられるのは生きるためという説です。

他の怪獣についてもですが、怪獣が何のために人間社会を襲うのかについては触れられていません。

ですので正確なことはわかりませんが、怪獣も生物だとすれば栄養が必要です。

怪獣は人間を食べることで生きているのかもしれません。

だとすれば、9号が人間社会に溶け込むのは食料を得るための戦略とも考えられます。

ですが、そうなるとわざわざ防衛隊の試験に現れたのは不自然ですね。

怪獣社会での地位向上?

怪獣社会での地位を向上するという目的もあるかもしれません。

怪獣がどこから来ているのかなども触れられていませんので、怪獣の暮らす場所がどこかにあるのかなどは不明です。

ですがもし存在しているとすれば、かなり弱肉強食の世界なのではないでしょうか。

そういった場所で生きていくために強さを求めているということもあるでしょう。

目的は設定されていない?

もしくは、本当に目的などはないのかもしれません。

別の言い方をすると、怪獣が人間を襲うことに理由付けをされていないということ。

 

怪獣作品では、怪獣は戦争や災害などの象徴として描かれています。

怪獣8号においては、怪獣を台風の様に〇号と呼んだり、地震の規模を表す「マグニチュード」に似た「フォルティチュ―ド」という言葉が登場したりと、自然災害を象徴しています。

 

そう考えると、作中でも「ウイルスのような怪獣」と言われていることから、9号はウイルスの象徴と捉えてもいいのではないでしょうか。

連載が始まったのは2020年7月ですので、新型コロナウイルスが流行した後です。

とは言え連載が始まるよりも前から設定などは練っていたでしょうから、9号をウイルスの象徴としたのは後付け設定の可能性もあります。

ただ、9号がコロナウイルスの象徴であるなら、今最も恐れるべき脅威としてラスボスのように描かれるかもしれませんね。

 

そして、自然災害は度々人間の生活を脅かしますが、理由や目的があって発生しているわけではありません。

同じように怪獣の発生にも理由はないのかもしれません。

広告

まとめ

9号の特徴と目的について考察しました。

現在9号と第1部隊の戦闘が盛り上がっているところ。

今後9号がどのように動いていくのか、目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました