広告

【ヒロアカ】OFAの中にオールマイトはいない?一人だけぼやけている理由を考察

ヒロアカ考察
広告

物語の核となる重要な要素、ワン・フォー・オール。

ついに歴代の継承者が夢の中で姿を現しました。

その中にはオールマイトもいましたが、姿は炎のようにぼやけています。

今回は、その理由を考察していきます。

[ad]

ワン・フォー・オールとは?

そもそもワン・フォー・オールとは何なのか、簡単に振り返っておきましょう。

【ヒロアカ】ワン・フォー・オールについてわかっていることまとめ
主人公デクがオールマイトから受け取った個性「ワン・フォー・オール」。物語の核となる重要な要素の一つです。 そんなワン・フォー・オールの秘密が少しずつ明らかになってきました。 今回はワン・フォー・オールについてわかっていることをまとめます。

  ワン・フォー・オールは主人公デクが日本のNo.1ヒーローであるオールマイトから授かった個性です。

個性を譲渡する個性」と「力をストックする個性」が混ざり合って出来た個性で、

一人が力を培い、次の人へ渡し、またその人が力を培い、それを渡し…ということを繰り返し強大な力へ成長していきました。

オールマイトの代では、パンチの風圧で天候が変わってしまう程の超パワーとなりました。  

 

超パワーがあるだけの個性と思われていましたが、 デクに五代目の個性「黒鞭」が発現したり、個性の中に宿る継承者が話しかけてきたりと、

ワン・フォー・オールの正体が少しずつ明らかになっています。

【ヒロアカ】ワン・フォー・オールの歴代継承者の個性を考察‼
僕のヒーローアカデミアの物語の核心となる要素が、ワン・フォー・オールという個性です。少しずつその秘密が明かされ、なんと歴代の継承者がもっていた個性も使えるようになりました。 今回は、歴代の継承者がどんな個性をもっていたのか考察していきます。

[ad]

ワン・フォー・オールの記憶

ワン・フォー・オールはこれまでも歴代継承者達の”面影”をデクに見せることがありました。

面影はオールマイトも見たことがあるそうですが、双方干渉できるものではないと思われていました。  

 

ところが192話にて、デクは夢の中で初代継承者の記憶を見て、さらに初代に語りかけられました。

その後も「黒鞭」が発現する時に五代目から話しかけられたり、死柄木に個性を奪われかけた時に個性の世界の中で初代と七代目に助けられたりもしました。  

 

その際に、個性の中にも意識が宿ることがある」という説明がありました。

ワン・フォー・オールの中には歴代の個性だけではなくそれぞれの意識まで宿っているようです。

[ad]

オールマイトがぼやけている理由

193話で見た夢では歴代の継承者全員がいますが、オールマイトだけがぼやけています。

2代目や3代目も姿は見えませんがくっきりシルエットが映っているのに対し、オールマイトは炎のようで輪郭もはっきりとしません。

まずは、オールマイトがこうなっている理由を考察していきます。

まだ生きているから

まずは、オールマイトが生きているからという説です。

歴代の継承者たちはオールフォーワンに命を狙われ、若いうちに命を落としている人がほとんどです。

その命を落とす瀬戸際で居合わせた人にワン・フォー・オールを託しているのです。

 

ですので、オールマイト以外の歴代の継承者は死んでいる可能性が高いです。

少なくとも四代目・五代目・七代目については死因までハッキリわかっています。  

全員が死んでいるのなら「生きている」というは他に人達と決定的に異なる点です。

 

とはいえ、デクに譲渡してオールマイトからは切り離されているのに、オールマイトの生死が影響するのは変ですよね。

オールマイトの生死は関係ないのではないかと僕は考えています。

まだ定着しきっていない

オールマイトは一番新しい継承者ですのでまだ個性の中に定着していないという理由も考えられます。

ワン・フォー・オールの性質が完全にはわかっていませんので、否定はしにくい説です。  

 

ただ、オールマイトは期間で言えば、30年はワン・フォー・オールを保有していたはずです。

おそらくどの継承者より長いでしょう。

さらに、既にオールマイトのもとを離れた個性がこれから定着するというのには違和感があります。

否定はできませんが、違うかなと思います。

オールマイトは無個性

オールマイトが他の継承者と違う点として”もともと個性がない”点が挙げられます。

オールフォーワンの発言では「”個性”因子には意識…まさしく”個性(その人)”そのものが宿ることがあるらしい」そうです。

それゆえにデクは継承者達と話すことも出来るそうですが、オールマイトだけは無個性です。  

 

五代目の言葉から想像するに、ワン・フォー・オールの””にそれぞれの個性意識がやどっているのでしょう。 とすればオールマイトは個性がないので、核に混ざることはないでしょう。

しかし、核の周りの”揺らめく炎”の部分はオールマイトも使い、培ってきた部分です。

”揺らめく炎”の部分に宿ることはできたのでしょう。

オールマイトが炎のようにぼやけていることとも辻褄が合います。 というわけで、僕はこの説を一番推しています。 [ad]

デクは?

最後の説が正しかったとすれば、ワン・フォー・オールの核にオールマイトはいないことになります。

”揺らめく炎”の部分に存在して会話もできる可能性もありますが、現段階ではわかりません。

ただ、デクも無個性なので次の継承者に渡った時にオールマイトのように炎のような姿になっていることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました