広告

【ビルドキング】2話のネタバレと考察―ビガーハンマーの秘密とは⁉

ビルドキングネタバレ
広告

”屋獣”という謎の生物が登場してきました‼

そしてビガーハンマーの秘密が明らかになります!

広告

1話のネタバレ

以下ネタバレ注意↓

屋獣

迎えの船が来たことに喜ぶトンカチとレンガ。

しかし段々近づいてくると、それは船ではなく家であることがわかりました。

そして、その後ろからは尻丸出しの男が「待てこの野良家がー!」と叫びながら泳いでいます。

 

男はしびれを切らし、背中の服に収納された工具を取り出しました。

「一棟両断鞭ノコ!」と鞭を振り、家を真っ二つにしてしまいました。

しかし、家はすぐにくっつき元に戻りました。

カッパのケン坊が、「あれは屋獣だ」と言います。家の形に擬態する巨大な化け物だそうです。

 

島に向かってくる屋獣に対し、とんかちはビガーハンマー5mで対抗します。

とんかちも後ろに倒れてしまいましたが、野獣もゆっくりと海に倒れました。

島のみんなは大歓声でとんかちをたたえました。

ナナ

先ほど泳いでいた男は屋獣から取り戻したズボンを履き、「お前がシャベルさんの弟子で間違いねー説」とキメます。

しかし、みんなでとんかちを胴上げしており、誰も見ていません。

男は静かに海に戻り、バシャっと音をたてました。

みんなが気付いたところでバシャバシャと音を立てて登場し、もう一度「お前がシャベルさんの弟子で間違いねえ説あるな」とキメました。

 

とんかちが胴上げされたまま「待ってたぞー」と言う一方、レンガは男のまで行き「ずっとあなたの迎えを待ってました」と感動した表情で言いました。

レンガがなぜ2回登場したのか聞こうとするのを遮って男は名前を尋ねました。

 

男とレンガととんかちはお互いに自己紹介をします。

男は鳶職をやっている「ナナ・シュライダー」で、シャベルの弟子です。

レンガととんかちの兄弟子なので、家族みたいなもんだと言うナナ。

とんかちは歓迎会を提案しました。

裏面

その時、後ろでは野獣が前よりも大きくなって起き上がっていました。表面も前よりツヤツヤでハリがあります。

ナナはとんかちに「ビガーハンマーの裏で叩いた?」と尋ねます。

とんかちは何のことかわかっていませんでしたが、ビガーハンマーは破壊と修復をつかさどり、表と裏が存在します。

表は対象物にダメージを与え威力を伝える面、裏は活力を与え弱まった箇所の修復を促す面です。

 

とんかちは、野獣を裏で叩いてしまったので野獣に活力を与えてしまったようです。

屋獣は煙突を膨らまし今にも何か吹き出そうとし、島のみんな逃げ出しました。

ところが、野獣が吐き出したのは貴金属や宝石などのお宝でした。

「なんで」と困惑するとんかち。

「家に擬態して近づく古代のモンスターだが、何百年も擬態したままかもしれない。誰かがかえってくるのを待っているのか」とナナは分析します。

 

数日前、乗っている船が大破し漂流していたナナは、便意を催しているときにちょうど家を見つけます。

家まで泳いでいったものの、家の扉が開かないので、家の外で、海に向けてウンコをし始めました。

すると屋獣は急に動き出し、ナナは下半身丸出しのまま海に落ちてしまいました。

お礼

この屋獣のかつての住人は盗賊だったのか、金品を巻き上げながら主人を探し続けていた説ある、とナナは分析します。

久しぶりに生きる活力をもらったのが嬉しくて、お礼のつもりで宝石を渡したのでしょう。

 

レンガはナナに他にも家に擬態する生物がいるのか尋ねました。

「いるぜ」と答えたのは家喰い。

かつてトロル族の先祖は家の襲来によって絶滅の危機に瀕したので、家は災いの元凶だと信じてトロルたちは家を襲っていたようです。

 

レンガは「危ないから近づくな」という静止を無視して「この家もそんな悪い感じはしない」と家に近づきました。

とんかちも近づき「中に入ってもいいか?」と尋ねました。

ナナが「無駄だろう」と話を終えるのを待たずして玄関の扉が開きました。

「屋獣自らドアを…心を開いた?」とナナは驚きます。

 

島のみんなで屋獣のなかを見学することになりました。

ナナは「この二人は家に好かれる才能がある」と感心しています。

ナナはまだウンコをしていないことに気づき家に入ろうとするも、ドアは閉じられてしまい、「もにゅ」と漏らしてしまったところで第二話終了。

広告

考察

屋獣なんてものが出てきましたか~。

これからも不思議な生き物がバンバン登場すると思うと楽しみですね。

では第2話も考察していきましょう。

考察1 鳶職

大工の他にも鳶職を専門にやっている人もいるんですね。

規格外の家の工事だから大工が何でもこなすと思っていましたが、そうでもないようです。

ただの大工であるとんかちがあれだけ高く飛べますし、それを凌ぐ空中の機動性をもっていたりするのですかね。

冷静に考えると「鳶職だから空中での機動性が高いってどういうことだ」とは思いますが、たぶんそんなところじゃないでしょうか。

鞭も空中での行動に便利そうです。

考察2 ビガーハンマー

ビガーハンマーは思ったよりもスゴイもでしたね!

修復もできるなんて強すぎやしませんか。

自分の活力を与えるっぽいので、使いすぎると元気がなくなる、みたいな制限もあるかもしれません。

考察3 ナナの立ち位置

先輩が来た!と思ったら、ネタキャラでしたね。

実力はあっていろいろ教えてくれるのでしょうが…。

あとたぶん家に好かれないタイプなんでしょうね。

今後かっこいい活躍もあればいいですが。

考察4 家の襲来

トロルや恐竜なんかがいると思いきや”屋獣”の登場。

家に擬態した生物って笑っちゃいますね。

とはいえ、その家の襲来によってトロルは全滅しかけたわけですから、この世界では家っぽい生き物が猛威をふるっているのかもしれません。

ナナの言い様だと生き物じゃない方の家も意思をもっているような印象を受けます。

家とバトルするマンガなんですかこれ?

広告

今後の展開の予想

根拠は薄いですが、まだ島を出るのは早いんじゃないかと思います。

建築技術のチェックとか、手合わせして「お前らはまだまだ弱いから特訓だ!」とか。

船も作らなきゃいけませんしね。

ぜひナナの実力を披露してもらいたいところです!

<1話  3話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました