広告

【ビルドキング】6話のネタバレと考察―逆さ城の素材が伝説のアレ⁉

Uncategorized
広告

とんかちの初建築、逆さ城の内部が明らかに!

明らかになった逆さ城の秘密とは⁉

広告

5話の振り返り

屋賊達にボスと言われている少女こるくの家のリフォームをお願いされたとんかち。

とんかちは快諾し、お礼に屋獣のオーナー探しを手伝ってもらうことになりました。

一方、こるくの家であるコモーリ岬の「逆さ城」では、こるくの父がリフォームには後ろ向きな様子。

築一万年で逆さに建てられているこの城をリフォームできる人がいるのかと訝しげでした。

<5話  7話>

広告

6話のネタバレ

以下ネタバレ注意

コモーリ岬

屋獣に乗ってコモーリ岬を目指すとんかちとレンガとこるく。

その途中うねうねとした細長い道があり、とんかちは「あれは何なんじゃ」とこるくに尋ねます。

それは「竜骨の道」と呼ばれる、大昔に大陸を支配していた巨大な竜の骨が残っており、魔物が寄り付かない安全な土地として栄えています。

 

そしてついにコモーリ岬が見えました。

逆さに立っている城に「なんじゃありゃーっ!」と驚くとんかち。

 

一方ナナはとんかちとレンガに呆れている様子。

「環境ランク”D”のエリアじゃねーか」とぼやいています。

さらにコプと呼ばれる人から通信が入り、「現場で事故が発生したから早く戻って」と呼び出されてしまいました。

一方的に通信を切られ「人生って思い通りにいかない説‼」と叫びました。

逆さ城

逆さ城が見えてから屋獣は行きたがらなくなったため、三人は徒歩で移動しています。

歩いていると、逆さではない普通の村がありました。

そこ「コモーリ村」では、「こるく姫が戻ったよ!」と村人が出迎えてくれました。

とんかちとレンガにも「こんな危険地帯にお客さんとは珍しい」と歓迎ムード。

 

そして「ここが城の入り口よ」と案内された場所は崖。

崖を伝って城まで道が伸びていて、「ついて来て」と当然のように歩き始めました。

こるくは「ゲコシューズ」という天井も壁も歩ける靴を履いています。鳶職のマストアイテムのようです。

とんかちとレンガは仕方なく、ステップにぶら下がって入ることになりました。

 

城の前にはこるくの父が逆さに立っていました。

こるくは二人を簡単に紹介し城の中に入ろうとしましたが、「歴史ある我が城に勝手に入るんじゃない」と引き止め、「お前ら師匠はいるのか?」と尋ねます。

「わいらの親方はシャベルってんだ」ととんかちが言うと、「まさかあのシャベルか⁉」と驚きました。

「シャベル親方を知ってるんですか?」と聞くレンガに、こるくの父は説明します。

 

伝説の大工集団「カーペンターズ」の三代目を率いた棟梁で、「カーペンターズ」とは”ビルドキング”の構造を解き明かした史上唯一の組といわれています。

シャベルこそこの世で最も”ビルドマスター”に近い男なのです。

こるくの父は態度を一変して「どーぞ中に入って血茶でも」と歓迎しました。

城内部

城の中もすべて逆さになっており、とんかち達は天井を歩いています。

執事たちも出迎えてくれましたが、彼らも天井を歩いています。

なんでもコモーリ一族の逆さボルテージが低くなっているうえに、頭に血が下がって顔が大きくなるそうです。

こるくの父も顔が大きく4頭身くらいです。

 

早速工事開始とハンマーを取り出し意気込むとんかち。

それを制しながらこるくは城の内部を案内します。

レンガは「不思議な素材だ」と城の壁を気にしていました。

 

こるくの部屋に着き、図面をとんかちに渡しました。

しかしとんかちは「おもしろくない!頼む!」とレンガに投げました。

 

もう少し城を見て回りたいというレンガ。

一方とんかちには、こるくが「東棟ならだれも住んでいないから壊してもいいかも」と提案します。

しかし「ただし壊せるならね」と付け足しました。

東棟

とんかちは”東棟”の屋根に来ていました。

ゲコシューで逆さに歩きながら「わいらの一軒目」と感慨にふけります。

そして「一撃で解体じゃ」とビガーハンマー10mで城の屋根を叩きました。

 

しかし、城はビクともしていません。

何度も叩いてみますが、壊れることはありません。

 

城の中にいるこるくは「やっぱりとんかちでも無理かな」と不安げ。

レンガは城に飾ってある絵のことを尋ねていました。

その中に異彩を放つ絵がありました。

 

その絵は「竜骨の道」の竜が生きていた頃の姿を描いた絵です。

たった一本の牙だけで大陸の王となりました。

レンガの目はその牙に釘付けでした。

 

夕焼けを見ているこるくの父。

「大きくなってこるくが設計士になったら新しいお城作ってあげる」と言う昔のこるくを思い出していました。

「今日も岬に夕日が登る」と呟きました。

広告

考察

だんだんと建築漫画っぽさが出てきて面白くなってきましたね。

それでは考察していきましょう。

カーペンターズ

とんかちとレンガの親方・シャベルがものすごい人物だとわかりました。

カーペンターズという集団も出てきましたね。

シャベル含めて5人の姿が描かれていました。

彼らは相当な実力者と思っていいでしょう。

 

とんかちとレンガもいずれ棟梁になるのかもしれませんね。

ビルドキング

ビルドキングは誰が建てたかもわからず、構造も謎に包まれていたようですね。

となると、いつかはビルドキングの謎についてや、ビルドキングを建てた人が登場するかもしれません。

まだまだ先になるでしょうが、手がかりを探っていきたいですね。

逆さ城の素材

最後の場面で、竜の牙と逆さ城のシルエットがそっくりでした。

竜の牙を逆さ城に作り替えたとみて間違いないでしょう。

レンガはそのことに気が付いたみたいですので、建築のアイデアを出すのでしょうか。

なにしろ特殊な建築の建て方はまだ描かれていませんので、

どんな漫画になるのか来週でわかるかもしれませんね。

広告

次回以降の展開予想

次回はレンガが、逆さ城は竜の牙をもとに建てたと気が付くでしょう。

そこから、加工の方法を助言するのか、地形を活かしたリフォームの方法を助言したりするのではないでしょうか。

まだこの世界の建築について未知の部分が多いので、具体的なことは想像もつきません…

ビルドキングの見どころの一つが建築になるかと思いますので、

次回が楽しみですね。

<5話  7話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました