広告

【ヒロアカ】294話のネタバレと考察―Mr.コンプレスの過去が発覚‼

ヒロアカネタバレ
広告

ヒーローが身を挺しチャンスを紡いで見えかけていた勝利!

しかし今回は敵も身を挺しチャンスを作り出しました。

怒涛の展開でしたが、さらに物語が動き出しそうです。

広告

293話の振り返り

壊理ちゃんの力によって個性が復活したミリオ。

飯田、爆豪、波動とともに脳無を相手にし、その中で爆豪の個性は成長を見せます。

そして爆豪は自身のヒーロー名が「大・爆・殺・神ダイナマイト」だと発表しました。

一方、荼毘の攻撃に苦しむ轟。

デクが援護に入ったその時、マキアが拘束を破り始めました。

しかし、山荘で口に投げ入れた麻酔が効き始め、マキアは動けなくなるのでした。

<293話  295話>

広告

294話のネタバレ

以下ネタバレ注意

戦況

麻酔が効き動けなくなったマキア。

多くのヒーローが強大なマキアを少しずつ削りここまで弱らせることができたとベストジーニストは言います。

 

ミリオや飯田も脳無と戦っていますが、スピードと強靭さの前に苦戦を強いられています。

しかし、マキアが動けなくなった分、ジーニストは連合を縛ることに集中できるようになりました。

Mr.コンプレス

丁寧に縛り上げられているため、個性の「圧縮」も使えないMr.コンプレス。

「みんなまだ夢半ばなんだよ」と悔しがります。

ベストジーニストは意識を落とそうとさらにきつく締めあげました。

 

「俺…敵連合…好きだったぜ」と言って、自分が時間を稼ぐから死柄木を起こせとスピナーに指示を出します。

そして「ショーには協力者が不可欠だ」と言って、自分の腰に手を当て圧縮しました。

体を抉ったことにより腕が動けるようになり、死柄木とスピナーを圧縮で救出しました。

 

「命張るのがてめえらだけだと思うなよ」というコンプレス。

ジーニストに服の繊維を操られ拘束されそうになりますが、服を圧縮で破ることで対処します。

「逃げ足と欺くことが取り柄の俺がチームのピンチを救う」とスケプティックも救出しました。

稀代の盗人

コンプレスの回想。

昔、張間歐次という稀代の盗人がいました。

現行制度が整備され始めた頃に、私腹を肥やすヒーローモドキの金を盗み市井にバラまき”世直し”を訴えました。

コンプレスも「うちの家系は不正を暴かんとする正義の血が流れてる」と言われて育ってきました。

 

エンデヴァーの目の前で焦凍を殺そうとしている荼毘は、エンデヴァーが気絶したために退くことにしました。

脱出ショウ

コンプレスは、張間の為せなかった”世直し”は死柄木に任せると回想します。

自分が張間の孫の孫であることを明かし、

「脱出ショウの開演だ‼」と言い、スピナーと死柄木を出しました。

広告

考察

なんとここに来てコンプレスの顔と過去が判明しました!

Mr.コンプレスの過去

コンプレスが張間歐児の子孫だと判明しました。

さらに詳しい素性や、コンプレスの目的を考察しました。

以下の記事からどうぞ↓

【ヒロアカ】有名な敵の子孫!Mr.コンプレスの素性や目的とは⁉
敵連合の一人、Mr.コンプレス。 派手なバトルシーンこそ少ないものの、敵連合を支える主要メンバーの一人です。 そんなMr.コンプレスの素性がついに明らかになりましたので、今回はそれを紹介します。

Mr.コンプレスの生死

腰を圧縮して抉ることで拘束から脱出したコンプレス。

普通だったら死んでしまうような怪我です。

圧縮した部分はあるはずなので、それを使って治癒すれば生きれる可能性はあるかもしれません。

 

まだ明かされていない過去がありはしますが、物語にそこまで重要でもない気がします。

死ぬ間際に明かされたりはするかもしれませんね。

 

広告

 

<293話  295話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました