広告

【ヒロアカ】295話のネタバレと考察―死柄木が助けを求めている⁉

ヒロアカネタバレ
広告

ついに撤退を始めた敵たち。

全面戦争編の終わりが見えてきました。

しかし、ここでとんでもない展開になりそうです。

広告

294話の振り返り

ギガントマキアは麻酔で動けなくなり、脳無はルミリオン達と戦闘。

おかげでベストジーニストは敵連合に集中でき、ワイヤーを締めて意識を奪おうとします。

しかし、そこでMr.コンプレスが自身の腰を圧縮し、拘束をほどきました。

コンプレスは自分が「稀代の盗人・張間歐児」の孫の孫であると明かし、連合の全員をジーニストの拘束から解放しました。

<294話  296話>

広告

295話のネタバレ

以下ネタバレ注意

4代目の個性

意識を失っていましたが「起きて」という声で目を覚ますデク。

そこで頭を刺すような感覚に襲われます。

習得訓練もしていなかった4代目の”個性”「危機感知」が、溢れ出てきていました。

しかしまだ負荷が大きく、意識が朦朧とします。

目覚め

Mr.コンプレスは、死柄木とスピナーの圧縮を解除してから、二人を再度一緒に圧縮しました。

死柄木の目を覚まさせるために時間を稼ぐ作戦でした。

しかし、一瞬でルミリオンに気絶させられます。

 

スピナーは、死柄木のスーツの中に死柄木が身につけている”手”を見つけます。

それで目を覚ますか確信はないまま、死柄木の顔に手をはめるスピナー。

その瞬間死柄木が目を覚まし、強大な衝撃波と電波が辺りに広がりました。

オール・フォー・ワン

「本当にいい仲間を持った」と話し出す死柄木。

しかし、「彼の心が原点を強く抱けば抱くほど、共生する僕の意識も強くなる」とその顔はオール・フォー・ワンそのものでした。

 

電波を送ることで全ての脳無を呼び戻すオール・フォー・ワン。

スピナーはコンプレスやマキアなどの仲間を心配していますが、「弔は負けた」と言って彼らを置いて退散し始めました。

そしてオール・フォー・ワンは「その代償は潔く差し出そう。全ては僕の為に」と言いました。

死柄木

ヒーロー達は逃げる死柄木達を追おうとします。

デクも黒鞭を使って死柄木に追いつきます。

「この体が仕上がったらまた会おう」というオール・フォー・ワンに「お前は黙ってろ…オール・フォー・ワン」というデク。

オール・フォー・ワンは「また会おう」と言い直してデクを吹っ飛ばします。

 

デクは「死柄木…おまえを必ず…」と言います。

個性の世界でのことを思い出すデク。

「死柄木を許せない」と思っていますが、その世界での死柄木が「救けを求めたように見えた」のでした。

広告

考察

なんと死柄木を救ける方向に行くんですね!

これは予想外でした。

とりあえずは全面戦争編の終わりが見えましたね。

ジャンプフェスタで作者は「もうすぐ結末に向かう」と発言していましたが、まだ見どころは多そうです。

危機感知

四代目の個性「危機感知」が発現しました!

現段階ではまだまだ詳しい使い方が判明していません。

以下の記事で考察してみました。

【ヒロアカ】4代目の個性「危機感知」「危機回避」の使い方を考察
ヒロアカの全面戦争編も終わろうとしていますが、デクにワン・フォー・オール四代目の個性「危機感知」が発現しました。 どんな個性なのか考察していきましょう。

ワン・フォー・オールの目的

死柄木の体を乗っ取ってワン・フォー・オールが出てきました。

おそらく最初からこれが目的だったのでしょう。

後継を育てると言っていましたが、本当は自分の意思を運ぶ器を育てていたわけですね。

 

最終決戦は死柄木とだと思っていましたが、オール・フォー・ワンから救い出す戦いになりそうですね。

広告

次回以降の展開予想

全面戦争編が終わりそうです。

数話かけて被害確認などをするのでしょうかね。

グラントリノやコンプレスの生死も判明するかもしれません。

残された敵は捕まるでしょうが、改心する面々には思えません。

最終決戦で再登場するのか楽しみです。

重たい話が続いていたので、箸休めも欲しいところですね。

<294話  296話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました