広告

【ヒロアカ】305話のネタバレと考察―デクの想いに涙…!

ヒロアカネタバレ
広告

「死柄木を殺せるか」という歴代による究極の問い。

それに対してデクが導いた答えは…⁉

304話の振り返り

OFAの個性の世界で歴代継承者と話しているデク。

OFAの成長によって継承者の意識同士で話すことも可能になっている世界で、四代目の死について聞かされていました。

四代目はOFAの所有によって寿命が縮み、一方で長期間保有しているオールマイトはなんともありません。

この事実から、OFAは無個性の人でないと真に受け取り切ることは出来ないと結論を出します。

つまり、デクが最後の継承者になる可能性が高いのです。

そこで七代目は「死柄木を殺せるか」と問うのでした。

<304話  306話>

広告

305話のネタバレ

以下ネタバレ注意

覚悟

死柄木を殺せる覚悟があるか問う七代目。

歴代は、デクの「死柄木が救けを求めるように見えた」という気持ちを感じ取っていました。

しかし、歴代達は誰も死柄木が救けを求めるようには見えず、憎しみしか感じなかったと話します。

 

そこで、「そう育てられた」と初代が話し始めます。

オール・フォー・ワンはOFAを手に入れるために死柄木の精神を乗っ取ろうと画策しているのです。

 

オール・フォー・ワンは既に二度、五代目と六代目の時にOFAの強奪を試みて失敗していました。

「所有者の意思でしか動かせない」というOFAの原則をねじ伏せるには、強い感情でOFAを上回るしかなく、オール・フォー・ワン一人の力では不可能でした。

そこでオール・フォー・ワンは、死柄木の強い憎しみを利用しようとしていたのです。

OFAの原点はオール・フォー・ワンに屈しないという強い意志だったからです。

覚悟

OFAは「オール・フォー・ワンを討つ」という命題を抱えています。

オールマイトがやり遂げたかに見えましたが、オール・フォー・ワンはしぶとく返り咲こうとしています。

 

「失敗し続けた大人が16歳の子どもに押し付けるのはみっともないとわかっている」と七代目が再びデクに語りかけます。

「死柄木が巨悪となり果てたらもう誰にも止められない。

赦すこともわかり合うことも出来ない、救いようの無い人間もいる。

救けを求めているように見えた人間が、救いようの無い人間だったら、

殺してでも止める覚悟はあるか」とデクに聞きました。

答え

デクは「困っているように感じた」と話し始めます。

死柄木の意識がOFAに侵入してきた時、死柄木が己の夢を強く思った時、死柄木の憎しみの奥に、泣いている子どもを感じていたのです。

今までデクが戦ってきた相手は、折れることがなかったので、戦って止めることしかできませんでした。

しかし、彼らの過去を知っていたなら、戦うことには変わりなくても、何か違っていたのかもしれません。

 

死柄木はたくさんの人を殺し、デクの大好きな人たちを傷つけました。

ですがデクは、OFAは殺すためではなく救けるための力だとオールマイトから教わりました。

オールマイトと歴代が紡いだ力が数えきれない人たちの心を支えてきたはず。

原点が討つための力でも、命がけで紡ぐ中でOFAはもう一つ大きな意味を持つようになった。

そう語るデクの口の周りのモヤは晴れ、少年の姿になっていました。

 

涙を流すオールマイト。

少年のデクは「殺して止めるしかないかもしれない。具体的にどうすればいいかもわからないけど、

僕はあの子を救けたい」と言ったのでした。

「だから君について行くんだ」と初代が微笑み、涙を流すオールマイトの方を叩きます。

「君たちに渡って本当によかった」と初代が言うと、デクは元の姿に戻り、体にはまたモヤがかかりました。

七代目は「試すような真似をして悪かった」と謝り、「グラントリノによろしく伝えてくれ」と頼みます。

その心では「私たちは選択を誤ったけれど弟子に恵まれた」と、涙をながしていました。

 

そして初代は「君たちもいい加減に協力してあげてくれ。力を全開放するための協力を」と二代目と三代目の方を振り返りました。

広告

考察

子どものデクが「救けたい」という演出がよかったですね~。

思わず泣きそうになりました。

それでは考察していきましょう。

六代目の個性

六代目の名前が「煙(エン)」と判明しました。

ヒロアカでは個性を意識した名前になることが多いので、煙が関わる個性でしょう。

単純に考えると、

  • 煙を発生させたり操ったりできる
  • 身体の一部を煙にできる

の二つが思いつきます。

 

身体が煙になるのは、ワンピースのスモーカーみたいなイメージです。

ですが、歴代の個性はどれも、とても強いわけではありません。

身体が煙になれば打撃が効かないですから、かなり強い個性になってしまいます。

また、その場合には、自分の髪の毛などを織り込んで体質と合わせるようなピチピチのコスチュームになるかと思います(例:ミリオや戸陰)。

この二点から、可能性は低いでしょう。

 

もう一つは煙を発生させられるという個性。

相手の視界を遮るのが主な使い方になるでしょうか。

個性が強すぎない点はクリアしています。

六代目がOFAを受け取ったタイミングはわかりませんが、ヒーローになった後に受け取っていたとすれば、それ以前にこの個性だけでヒーローが務まっていたのか疑問ですね。

ひょっとしてオールマイトの変身時の煙もこの個性が影響していたりして。

 

他の可能性としては、例えば「吸うと体が麻痺する煙」みたいな特殊な煙を出せる個性はあり得ると思います。

そうなると何でもアリなので、さすがに予想は難しいですね。

二代目と三代目

二代目と三代目に「そろそろ協力してあげてくれ」と言った初代。

当サイトでは、二代目と三代目が後ろを向いている理由として「デクに協力する気はない」説を否定していましたが、ここに来てその可能性も浮上してきました。

【ヒロアカ】OFA二代目と三代目だけ顔が見えない理由は!?
304話にて登場した歴代の継承者達。ついに二代目と三代目も登場しましたが、二人は会話に参加することなくうつむいていました。今回は、二人の顔が見えない理由を考察していきます。

ですが、意識が弱い説も否定されたわけではありません。

2人の意識を呼び覚ますために初代が働きかけるのかもしれません。

 

どの説も確信がもてる証拠はありませんが、おそらく次週にはわかるので、楽しみに待ちましょう。

広告

次回以降の展開予想

次回は二代目と三代目にまつわるエピソードになりそうです。

片方は髪型が爆豪に激似ですので、何か秘密がわかるかもしれませんね。

そして、死柄木を助けたいと明言したデク。

まだまだ先の話ではありますが、死柄木との戦いはどうなるのか期待させられます。

<304話  306話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました