広告

【ヒロアカ】307話のネタバレと考察―あの強敵と再会!

ヒロアカネタバレ
広告

久々に再登場を果たした傑物学園の真堂。

しかしそこに現れたのは凶悪な敵…。

306話の振り返り

デクの病室にやってきたホークスとベストジーニストの話を聞き、オールマイトはOFAについて明かすことにしました。

事件から三日後、世間のパニックが収まらない中、エンデヴァー、ベストジーニスト、ホークスは記者会見を開きました。

記者たちには攻め立てられる中で謝罪をし、ヒーロー科の学校を避難所として開き、そこを重点的に守ることを発表しました。

一方、雄英高校の1年A組のクラスメイトには、OFAについてなどが書かれたデクからの手紙が。

デクは学校を去り、一人街を見下ろしていました。

<306話  308話>

広告

307話のネタバレ

以下ネタバレ注意

傑物学園

電柱が倒れ、荒れている町。

「昨日”ダツゴク”が現れた」と話しているのは、傑物学園ヒーロー科3年の真堂揺(ヒーロー名グランド)と中瓶畳(ヒーロー名タートルネック)。

避難所へ行かず街に残っている”居残り”を、避難所に連れて行くための交渉に向かっています。

 

真堂は、ビルに立てこもっている人に笑顔で交渉を始めます。

ですが、彼らは「自分で育った町は自分で守る。他人に命は預けない」と取り合う気はありません。

彼らはサポートアイテムを身につけ、「店が襲われた時も返り討ちにしてやった」と話しています。

 

「”ダツゴク”や脳無は暴力自体を目的としている。プロでも死人が出る」と話す真堂。

「ヒーローよりも自分を信じる」と言う男に「あなた方より戦いに長けている。お守りさせてください」と笑顔で答えました。

しかし、「その言葉を信用してきた結果がコレ」と言われ、真堂たちは返されてしまいました。

ダツゴク

「ダメじゃん」と連呼し責める中瓶

「強制連行していいなら引きずってやるのに」イラついています。

そこへ傑物学園の真壁から電話がかかってきました。

電話を取ると「2人とも逃げろ!出た!」と叫び声。

「真堂たちの方へ向かっているのを見た」という内容でした。

 

ドオンと音が聞こえた方を見ると、ビルを壊しながらやってくる黒い影。

「ダツゴク」と呟く真堂の前に現れたのは血狂いマスキュラ―でした。

マスキュラー

「2人か?足りねえな」と話すマスキュラーは義眼をしておらず、左目は空洞になっています。

真堂は武器を構え、中瓶に応援要請と避難誘導をするよう指示を出しました。

「ヨーくんは?」と心配する中瓶に「ブッ倒す」と言うと、マスキュラーは「いいねえシャバは」と真堂を睨みました。

 

マスキュラーを見て、戦いに行こうとする居残りたち。

そこへ中瓶が現れ、「相手は”血狂い”です。逃げて!」と止めますが、居残りたちは聞こうとしません。

するとドオーンと音が聞こえ、隣の建物に真堂が叩きつけられていました。

 

「話になんねえ」と真堂を押さえつけるマスキュラー。

「ヒーローを見たら10人はいると思え」と言いながら隣の建物にいる居残り達を確認して喜んでいます。

 

真堂は個性を使ってマスキュラーの腕を振動させ始めます。

「筋繊維装甲でどんな力も本体に届かない」と笑うマスキュラーに、「あっそ」と答え、「最大出力を出すとしばらく動けなくなるけど」と考えていました。

そして、「人にはやらなきゃいけない時がある。不屈の心こそこれからのヒーローが持つべき素養」と必殺技の振伝動地を繰り出しました。

血祭り

「なら装甲を増やすまでだよな」と全身を筋肉で包んだマスキュラー。

中瓶や居残りは真堂を助けようとし、マスキュラーは「血祭りだ」と笑いました。

 

その時、マスキュラーが突然吹っ飛ばされます。

「マスキュラー、道理で”危機感知”が止まないわけだ」と真堂を抱きかかえているのは、フードを被ったデク。

「その声はぁああ…」とマスキュラーは笑いました。

広告

考察

デクとマスキュラーの再戦!

僕は林間合宿のマスキュラー戦が好きなので、たまらない展開ですね!

それでは考察していきましょう。

ダツゴク

真堂たちにダツゴクと呼ばれている存在。

名前から考えて脱獄囚のことかな?という感じですが、作中では

  • 暴力自体を目的とする
  • マスキュラーのことを指す

以上の2点がわかっています。

 

マスキュラー自体のことを指す可能性もありますが、中瓶が「血狂い」とも言っていますので、マスキュラー達の総称と考えられます。

特にタルタロスにいた凶悪犯罪者の中には、マスキュラーやムーンフィッシュのような快楽殺人犯も多いと予想されます。

そうした人達は、現在自由に動き回って人を殺しているのかもしれません。

それを”ダツゴク”と呼んでいるのではないでしょうか。

マスキュラー

ダツゴクが上記の考察で合っているとすれば、マスキュラーはその筆頭であるはず。

今回もビルを盛大に壊しながら迫力たっぷりで登場しました。

そして、デクと戦った時よりも巨大になっている気がする…。

 

真堂と比べると3倍くらいはありそうな大きさ。

戦っている時は足も筋肉をまとって怪物のような姿です。

筋肉によるガードも健在で、真堂の大地を割る威力の必殺技を受けても、平気で立っています。

前より強くなっているかはわかりませんが、やはり相当強いキャラですね。

ヤオヨー

マスキュラーが真堂たちの目の前に現れたシーンで、隣のビルに「ヤオヨー」と書かれた看板があります。

これはもしかして八百万家の事業…?

八百万はお金持ちのお嬢様ですので、親が何かの企業の社長という可能性は大いにあります。

八百万という名前からして百貨店や雑貨屋とかでしょうか。

本編とは関係ないでしょうが、小ネタとして混ぜているのかもしれませんね。

デクの強化

デクがヒーローとしての登場を果たしました。

顔はフードとマスクで完全に隠していますが、その目はオールマイトの様に輝いています。

ダークヒーローとして活躍すると見られますが、デクはどこまで成長したのでしょうか。

 

死柄木との戦いで四代目の「危機感知」が発現していましたが、今では普通に使えるようで、鳴りやまないと言っています。

死柄木戦の前は最大出力は45%でしたが、それから1ヶ月程度しか経っていないはずなので、出力に大きな変化はないはず。

後は、歴代個性がどれだけ発現しているかが気になる点です。

歴代との会話の後に、全て発現していてもおかしくはありませんが、習熟度合いは高くないでしょう。

広告

今後の展開予想

デクとマスキュラーの因縁の戦いが始まりそうです。

この展開だとマスキュラーは嚙ませかな?という印象が強いですね。

ですが、マスキュラーはデクの100%スマッシュを受けきるほどの強さですので、今の最大出力ではまだ負けているかもしれません。

他の個性を駆使しながら戦うことになるでしょう。残りの個性お披露目会の可能性もあるかな?

ただ、今わかっている個性だけでは、翻弄は出来ても決定打に欠ける気がします。

一筋縄ではいかないのではないでしょうか。というかそうであってほしい!

<306話  308話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました