広告

【ヒロアカ】312話のネタバレと考察―敵はホークスの先輩⁉

ヒロアカネタバレ
広告

前回、劇的な登場をしたタルタロス出の女性敵。

とんでもない大物だったのです…。

311話の振り返り

ダツゴクと戦い見事捕らえたエンデヴァーですが、住民からはまだ非難が飛んできます。

ヒーロー達はまだAFOの足取りを掴めずにいました。

しかし、そこでデクのGPSが消失し、さらにオールマイトの車には爆弾が投げられました。

そしてデクは、タルタロスにいた女の敵に襲われていました。

<311話  313話>

広告

312話のネタバレ

以下ネタバレ注意

レディ・ナガン

ホークスとの会話を思い出しているデク。

「AFOはデクを生け捕りにしたがり、それが出来るダツゴクが一人いる」とホークスは話します。

彼女とは、元公安直属のヒーローでホークスの先輩にあたる「レディ・ナガン」。

「彼女が仕掛けてきたら全力で逃げて」と忠告されていました。

 

携帯電話が壊されたことでデクの異常はホークスやオールマイトに捕まっているはずですが、レディ・ナガンが相手だとは知らせられていません。

言われた通りに退くべきか考えていると、もう一発弾丸が曲射で飛んできました。

デクはかろうじて弾丸を防ぎましたが、もう一発の弾丸が飛んできました。

ライフル

場面はスナイプのインタビュー映像。

注目のヒーローを聞かれ「あいつさえいなけりゃ俺は遠距離系日本一だった」と答えます。

スナイプの個性は「ホーミング」。

投げたものが600m以内の視認した敵に当たります。

 

しかしそれを、レディ・ナガンは技術だけで3㎞離れた場所からやってのけます。

彼女の個性は「ライフル」。

右手の肘からライフルが生成され、二色の毛髪を練り混ぜることで曲がる弾やホローポイント弾までどんな弾丸でも作れるのでした。

 

二発目もなんとか回避したデク。

二発の軌道から敵の位置を特定しました。

デクは射程外に逃げるよりも距離を詰めることを決めました。

 

「二発も防がれたのは初めて」と言いながらライフルをしまうレディ・ナガン。

するとオーバーホールが「親父のもとへ」と呟きます。

レディ・ナガンは腕を引っ張りながら「捨てとくべきだったかな」と呟きました。

AFO

場面はレディ・ナガンの回想に。

タルタロスから脱獄しようとしていたレディ・ナガンはAFOに声をかけられていました。

AFOは彼女に「とある少年を捕まえて連れてきてほしい」と頼み、そのための助言をしようとします。

 

「なんで自分だけそんなこと」と断ろうとするレディ・ナガン。

AFOは「彼がいる限り、君の願ったヒーロー社会の破滅は訪れない」と説得しました。

ちなみに、オーバーホールは既に精神が壊れてしまっていましたが、何かに使えるかと思って連れてきていました。

 

そして、AFOは「手付金に」と彼女に個性「エアウォーク」を授けたのでした。

広告

考察

先週の予想はほとんど外れてしまいましたが、面白い展開でした。

でもオーバーホールがあんなになってしまったとは…。

それでは考察していきます。

レディ・ナガンの思想

ホークスと同じ公安直属のヒーローだったレディ・ナガン。

ヒーロー社会の破滅を願い、仲間のヒーローを殺したことが判明しています。

おそらくタルタロスに収監されたのはヒーローを殺したからでしょう。

彼女もステインのように偽りのヒーロー社会を嫌ったのでしょうか…。

 

そして、個性「エアウォーク」をもらって空中移動も可能になりました。

ただ、確かに便利で強い個性ではありますが、デクが相手となると大したアドバンテージがあるとは思えません。

まあもともとが強いのでエアウォークだけでも相当強くなるのかもしれませんね。

オーバーホール

オーバーホールも何か役割をもらってついてきているのかと思っていましたが、精神が壊れてしまっていました。

ですが、登場したからには何か出番があるのではないかと思いますが…。

広告

次回以降の展開予想

次回は引き続きレディ・ナガンとの戦闘になるでしょう。

空中移動の手段を得てどんな戦いをするのか楽しみですね。

二代目と三代目の個性もそろそろ知りたいところです。

<311話  313話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました