広告

【ヒロアカ】313話のネタバレと考察―三代目個性”発勁”習得

ヒロアカネタバレ
広告

レディ・ナガンとの戦闘!まさかあんな個性の使い方をするとは!

そしてついに三代目の個性がわかります…‼

312話の振り返り

襲ってきた敵は、元公安直属ヒーローの「レディ・ナガン」。

個性は「ライフル」で、髪の毛から曲がる弾でもホローポイント弾でもなんでも作り出すことができます。

デクはかろうじて弾丸を防ぎ、逃げるよりも距離を詰めることを選択します。

しかし、レディ・ナガンはAFOに仕事を頼まれる際に、個性「エアウォーク」をもらっていたのでした。

<312話  314話>

広告

313話のネタバレ

以下ネタバレ注意

オールマイト

運転中に爆発に巻き込まれたオールマイト。

車が頑丈なおかげで無事でしたが、敵二人組が槍を構えて飛び出してきました。

デクへの応援要請をして、車を飛び出し間一髪で投げられた槍を避けました。

 

車から出てきた人がオールマイトであることに驚く二人組。

それでも「オールマイトなんざ死んでる」と言って戦おうとする二人を、オールマイトは「どきなさい」と威圧します。

その気迫に押される二人。

「あの子は私よりもずっと多くを背負った。あの子に何かあった時が私の死だ。」と立ち向かいました。

個性複数持ち

一方、デクはビルを縫うようにジグザクに進みながらレディ・ナガンの方へ向かっていました。

彼女に高速移動の手段がない以上、狙撃ポイントの移動よりも早く辿り着けるとの算段です。

しかし、弾丸が飛んできたのは真後ろ。

危機感知で気づき、弾き飛ばしたものの、二発目がお腹をかすりました。

 

そこでデクは個性を与えられていることに気が付きました。

レディ・ナガンは、エアウォークを使いながら後方に銃を撃つ反動で高速移動を可能にしていました。

 

考えを巡らすデク。

相手は距離を縮めてきており、距離が近い分”危機感知”でも連射には対応できません。

「なら」とデクは煙幕を全開で噴出しました。

発勁

「煙の出しすぎはリスクがデカい。逃げ道を失った」とデクを叱る六代目。

しかしデクは「逃げません」と言い、何度も屈伸をし始めました。

六代目は「もしかして」と言って制止します。

 

そこへ「推奨しない」と言って現れたのは三代目。

三代目の個性はまだ使ったことがなく、同時使用できる域には達していなかったのです。

それでもデクは、「レディ・ナガンから情報を聞ければ次はAFOと死柄木。今ここで習得します」と言って、三代目の個性”発勁(はっけい)”を発動しました。

確保

煙が出ている場所の上空からスコープを覗くレディ・ナガン。

煙の中から出てきたグラントリノのマントをすかさず撃ち抜きました。

おとりであることに気づき、何かと思っているとさらに三つのものが煙から飛び出します。

 

すべてのおとりをすぐさま撃ち抜いていると、下の方からドドドという音が聞こえます。

次の瞬間、デクがビルの天井を突き破って飛び出し、レディ・ナガンの腕を捕まえました。

広告

考察

待ちに待ってました!三代目の個性!

かなり強そうな個性だなと思いました。

それでは考察していきます。

応援要請

オールマイトは車から脱出する前に「少年が狙われている」と電話をしていました。

普通に考えるとホークス達への連絡でしょう。

このあと、彼らが駆け付けてくれるかもしれません。

発勁とは?

今回遂に明らかになった三代目の個性”発勁”。

聞きなれない言葉ですが、Wikipediaによると”中国武術における力の発し方の技術”のようです。

細かいことは省きますが、”発生させた勁(運動量)を対象に作用させること”が定義らしいです。

 

つまりは、パワーを蓄積して一気に解放させることが出来るということです。

デクは発勁の使用前に何度も屈伸をしていたので、あの行動によってパワーを膝に蓄積させていたのでしょう。

それを一気に解放させることで、高層ビルの壁を突き破りながら一階から飛び出せるほどのジャンプ力を得たのです。

 

これはかなり強い個性のように感じます!

ただOFAの力で既に超パワーがあるので霞んでしまいます…。

溜めた力を体外に放出できたりすれば強そうです。

広告

次回以降の展開予想

デクがレディ・ナガンを捕らえましたが、これで戦闘が終わるかと言えば怪しい所です。

ここから反撃する可能性は十分あるでしょう。

相当な強敵のはずですので、一筋縄では行かないかもしれませんね。

オーバーホールがどう絡んでくるかも気になるところです。

<312話  314話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました