広告

【ヒロアカ最新話】315話のネタバレと考察―ナガンとの衝撃の決着

ヒロアカネタバレ
広告

とんでもない場面で登場し、利用されてしまったオーバーホール。

しかし、デクの巧みな個性コントロールが光ります。

314話の振り返り

レディ・ナガンは一度はデクに捕らえられたものの、すぐに対処して脱出します。

そしてデクを攻撃しながら自身の過去について語り始めます。

ナガンはヒーロー社会を維持する為に、悪事をたくらむヒーローや敵を多く殺してきました。

そのことに疲れ、当時の公安委員長を殺害して捕まったのでした。

話しているうちにナガンの猛攻に対処して反撃するようになってきたデク。

ナガンはデクを翻弄するためにオーバーホールへ銃口を向けました。

<314話

広告

315話のネタバレ

以下ネタバレ注意

オーバーホール

デクを探す以前、レディ・ナガンと話しているオーバーホール。

デクのことを知っている旨を話します。

組長に会わせることを条件に協力することを約束しました。

 

場面はデクとナガンの戦闘に戻ります。

オーバーホールは「早くオヤジに会わせろ」と叫んでいました。

ナガンはそこへ弾速を上げた弾を打ち込み、それを助けようとしたデクを狙うつもりでいました。

救出

黒鞭でビルと身体を繋ぎ、その反動による回転で方向転換するデク。

さらに、弾丸を避ける際に脚を曲げ伸ばしして「発勁」を溜めていました。

OFA45%と発勁と遠心力を利用した「疑似100%」によって、オールマイトのような速さで飛び出します。

そして弾丸に追いつき、オーバーホールを横に押すことで、弾丸から守りました。

 

個性の使用をOFA、黒鞭、発勁の3つに絞って反応速度を上げたデク。

まだもう片足の発勁を残しています。

今度は黒鞭でビルを掴みパチンコのように飛び出しました。

「疑似100%マンチェスタースマッシュ」でナガンの銃身を砕きました。

本物

敵であるはずのオーバーホールでさえも当然のように迷いなく助けたデク。

その姿を見て、ナガンはかつてヒーローを志した時代を思い出していました。

 

デクは地面に落ちていくナガンの手を掴みます。

ナガンは、オーバーホールにはギリギリ当たらないように撃っており、デクのことも初撃で腰を撃ち抜くことはしませんでした。

それに気づいていたデクは「僕らと一緒に戦ってください」と再びヒーローの道へ戻るように誘います。

 

「お前はほんもの」と笑うレディ・ナガンの顔に亀裂が入ります。

その頃「契約不履行の場合にも備えておいたよ」とAFOは語っています。

そしてレディ・ナガンは大爆発。

黒焦げになって落ちていくナガンに飛び込んだのはホークスでした。

広告

考察

デクが短期間でかなり強くなっていて、最高のヒーローも目前かなって気がしてきますね。

それでは考察していきます。

オーバーホールの目的

オーバーホールは、デクへの復讐には興味がなく、組長だけに執着している様子。

・「俺に残されたのはもう…」
・「オヤジ…ごめんなぁ」

と発言していました。

 

オーバーホールは、壊理や部下、研究施設を失ってもう個性消失弾を作ることが出来ません。

さらに腕を切断され、個性を使えなくなっています。

残されているのは組長だけということでしょう。

 

オーバーホールは、自ら組長を口のきけない体にしています。

そのことを後悔しているかもしれませんね。

とにかく会いに行きたがっているようですが、会ったところで治すことが出来るわけではありません。

ただただ会いたいのでしょうか…。愛が深いですね。

ナガンの生死

ナガンを中心に爆発が起き、身体も黒こげになっていました。

どういう仕組みで爆発が起きたのかも不思議ですが、生死が気になるところ。

 

あの規模の爆発に巻き込まれれば死にそうなものです。

ホークスが「死んじゃ駄目です」と言っているので、まだ生きているともとれます。

また、ヒロアカはなかなかメインキャラが死なない漫画です。

ナガンは最近出てきたキャラですが、過去まで描かれて重要キャラになりそうな感じです。

ナガンがAFOの居場所のヒントくらいくれなければ話の進展がなさそうなので、まだ生きているのではないかと予想しておきます。

広告

次回以降の展開予想

次回はレディ・ナガンを看病するなり、病院かリカバリーガールの所へ行くのではないでしょうか。

これまでデクのダークヒーローとしての活躍を描いてきました。

修業はどれだけしてもやりすぎなことはないですが、そろそろ物語が進展する出来事が起こるのではないかと思います。

というわけで、AFOの情報が出てくるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました