広告

【ヒロアカ最新話】320話のネタバレと考察―A組vsデク!

ヒロアカネタバレ
広告

デクとA組の戦闘が開始!

思い出を振り返りながらの戦闘です。

前話の振り返り

デクがエンデヴァー達やオールマイトと共に行動していることと推測し、エンデヴァーとの交渉を試みるA組。

このままではデクが無理してしまうので危険であること、友達を見捨てることはできないことをエンデヴァーに話します。

雄英に連れ戻す決意を固め、エンデヴァーにも協力を仰ぎました。

しかし、デクは戻る気はありません。

無理矢理でも連れ戻そうとするA組との戦闘が始まるのでした。

<319話

広告

320話のネタバレ

以下ネタバレ注意

戦闘開始

デクと向かい合うA組のクラスメイト。

クラスメイトはデクが使う個性のことを把握していました。

 

デクは煙幕を張ってすぐに逃げようとしますが、煙幕は爆豪が爆風で晴らします。

口田が個性を使って、鳥をデクの周りで飛ばし「校長が戻っておいでって!」と叫びました。

デクは黒鞭をビルまで伸ばし、逃げようとしました。

 

そこへ黒鞭を掴んでやってきたのは瀬呂。

デクは手刀でテープを切って逃れたところを、耳郎が音で攻撃します。

それも躱して逃げるデクに耳郎は「文化祭の時のノートのまとめ方教えてくれたの助かった」と礼を言いました。

 

さらに建物の陰から飛び出した尾白が、「体育祭の時に俺のために怒ってくれたこと忘れない」と言って尻尾でデクを捕まえます。

「僕がいるとみんなが危険だ」と言いながらこじ開けて脱出しようとするデクを、常闇と黒影が襲い、ビルの中に吹っ飛ばしました。

砂藤は尾白と耳郎を空中キャッチし「気持ちは俺らも同じだ」と叫びました。

ビルでの作戦

ビルの中には八百万が待機し、眠らせる装置にデクを拘束しました。

眠らされる前に機会を壊し、脱出を試みるデク。

 

そこへ上鳴が肩を組み「今のお前にはOFAよりももっと大事なものがある」と言いました。

障子が二人まとめて絶縁体を巻いた腕でぐるぐる巻きにし、さらに黒影の終焉(ラグナロク)で包み込みました。

 

上鳴が放電をする前に、デクが叫びながら飛び出します。

デクは先ほどから、危険や害意を捉えるはずの危機感知が反応しておらず、皆が本当に自分を心配していることに気づいていました。

泣きそうな顔になりながら「僕は大丈夫だから」と言って逃げようとするデク。

 

そこへ大氷壁が現れ、デクを止めます。

氷壁の上に立っていた轟が「その責任、俺たちにも分けてくれ」と言いました。

そしてビルの壁に張り付いている蛙水が、「あなたがコミックのようなヒーローになるなら、A組、一人でそっちへは行かせない」と言ったのでした。

広告

考察

A組がそれぞれデクに思いを打ち明ける展開、胸熱ですね。

それでは考察していきます。

残りのクラスメイト

今回の戦闘は、A組のクラスメイトが何かしらをデクに伝える展開です。

ですが、まだ全員が話したわけではありません。

残っているのは以下のメンバー。

・切島
・青山
・峰田
・芦戸
・葉隠
・飯田
・麗日
・爆豪

彼らも次週で何かしらを話すことになるでしょう。

雨にも負けず

巻末の作者コメントにて、デクの名前の由来が、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」だと明かされました。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ※(「「蔭」の「陰のつくり」に代えて「人がしら/髟のへん」、第4水準2-86-78)
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

雨ニモマケズ  宮沢賢治

完全に一致というわけでもありませんが、デクの人間像にかなり似ていますね。

 

ただし、”でくのぼう”は”役に立たない人”という意味で、良い人間を表す言葉ではありません。

堀越先生が「雨ニモマケズのような人間を描きたい」と思っていたなら、「ミンナニデクノボートヨバレ」をクリアするために、デクというヒーロー名にした可能性が高いです。

それ以外の意味を持たせているのかは、微妙なところです。

広告

次回以降の展開予想

次回は巻頭カラーです。

残りのA組達の活躍で、デクを説得できるといいのですが…。

次の発売は再来週8/2です。気長に待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました