広告

【サカモトデイズ】11話のネタバレと考察―最強の坂本が大ピンチ!

坂本ネタバレ
広告

ボイルとの因縁?の勝負で坂本がピンチに!

ボイルの武器に坂本はなす術ナシか⁉

10話の振り返り

お化け屋敷に入った坂本一行は、襲い掛かる殺し屋を奥さんと娘にバレないように気絶させていました。

それを別の場所で見ながら、ボイルと帯黒は坂本の昔話をしていました。

殺し屋養成所時代、ボイルは坂本の1個上の先輩であり、一方的に坂本を気に入り、一方的に絡んでいました。

しかし、バレンタインデーの日に坂本はチョコをたくさんもらい、その上坂本には相手にされておらず、ショックを受けたのでした。

大量の殺し屋の対処でヘトヘトニなってきた頃、シンに煽られたルーは緊張をほぐす薬と言って酒を飲んで酔っ払います。

そこへ襲い掛かる更に大勢の殺し屋とボイルと帯黒。

坂本vsボイル、シンと酔っ払って酔拳を使うルーvs帯黒の戦闘が始まりました。

<10話  12話>

広告

11話のネタバレ

以下ネタバレ注意

vsボイル

「本当に覚えてないのか」と確認するボイルに「覚えていない」と答えた坂本。

ボイルは「俺だってそんなに覚えてない」と強がり、坂本はイライラし始めます。

 

殴りかかる坂本にボイルは何かを投げます。

それが壁で跳ね返り坂本の顔の横で爆発しました。

 

驚きながらも蹴りを入れようとする坂本。

ボイルは避け、爆弾をさらにいくつも投げます。

爆発を喰らい倒れこんだ坂本にボイルは殴ろうとします。

その手にはパイプが付いたグローブをはめており、パイプの先で爆発が起こり、パンチを加速させていました。

酔拳

一方、帯黒とルーの戦いでは、ルーがニコニコしながら帯黒を殴りました。

しかし、簡単に止められ、「まだまだね」と頭をつかまれ激しく揺さぶられました。

ルーはきもちわるくなり、座り込んでしまいました。

 

帯黒は「その気になればあなたたち程度じゃ瞬殺。でもそれじゃゾクゾクしない」と話し始めます。

「あなたをもっと本気にさせる」と言い、部下に命じてシンをベッドに縛り付けました。

チェーンソーがシンの顔に向けられます。

帯黒は「10秒に一回私に攻撃を当てられなかったら男の子はバラバラ」とルール説明をし、砂時計をセットしました。

 

しかし、「そんなの無理ヨ~。シンごめンンン」とルーは泣き出してしまいました。

「泣き上戸なの⁉」と驚く帯黒と部下でした。

武器

倒れこんでる坂本に「これが5年間の差」と話すボイル。

「昔のお前は最高にハードボイルドだった」と続けるボイルに坂本はまた殴り掛かります。

しかし、ボイルが爆弾を投げ、坂本はよろけます。

 

「俺はスーパーボール爆弾(SBB)とロケットダイナマイトパンチ(RDP)で、どの距離どの角度も対応できる」と説明するボイル。

坂本は「ダサい」と考えていましたが、ハッと昔のことを思い出しました。

 

学生時代のボイルが南雲と坂本にRDPの説明をしています。

南雲は「スーパーパンチにしなよ」と言ったことがきっかけで、ボイルは「スーパーボールもありだな」と思いつきます。

しかし坂本は机に置いてある爆弾の配合が書かれているメモを見ていました。

憧れ

現代に戻り、「俺はお前に憧れていた」と叫びながらボイルは坂本を殴ります。

「お前がこんなにも弱くなったなんて許せない」と言いながら畳みかけるボイル。

そして「今のお前は家族も守れねえただのデブ」と言って坂本を吹っ飛ばしました。

 

「サラバ俺の青春」と考えながら煙草に火を付けたボイル。

その瞬間、刀で刺され全身を切り刻まれるイメージがよぎります。

「過塩素酸カリウム10g…ピクリン酸4.8g…」と爆弾の配合を呟き始める坂本。

ボイルは坂本の殺気と自分の爆弾の配合を言われていることに動揺しています。

 

ボイルの背後には痩せた姿の坂本がありました。

「思い出したよボイル」と言って眼鏡をはずす坂本。

学生時代と変わらない見た目の坂本が、「ここからは本気でいかせてもらう」と言って眼鏡を捨てました。

広告

考察

今回は見所が盛りだくさんの回でしたね。

考察していきます。

坂本の本気

次回はついに本気の坂本の戦いを見れるようです。

痩せた状態ですので全盛期並みの強さがあると考えていいかもしれません。

 

戦い方は気になる部分ですね。

これまでの坂本は普通の肉弾戦が滅茶苦茶強く、それ以外の戦闘はあまり描かれていません。

主人公ですから、王道の戦いがシンプルに強いというのはカッコいいですよね。

ですが、それではこれまでと違いがほとんどありません。

 

何か驚くような戦いをしてくれると嬉しい所です。

シンの行方

残り3秒でシンが殺されるという場面でルーは泣き出してしまっています。

絶体絶命のピンチですが、どうやって対処するのでしょう。

 

ありそうなのは、帯黒からのお情けがあるか、ルーが土壇場で覚醒するかのどちらかでしょうか。

僕は、ルーが覚醒すると予想しておきます。

ルーは酔っぱらってからコロコロ気分が変わっています。

残り0.数秒という場面で突然キレて帯黒に大ダメージの攻撃を喰らわせるという展開です。

シンは銀髪男戦で見せ場がありましたので、ルーにも活躍してほしいですね。

ボイル

坂本は最後にはボイルのことを思い出していました。

ボイルの爆弾の配合には一目置いていたのかもしれません。

そこでしか覚えられていないというのも悲しいですね。

 

配合を覚えていたからには、坂本が参考にしていてもいいはず。

なぜ爆弾の配合のことは覚えていたのか、来週明かされるのを期待しましょう。

殺気

「坂本が脳内でシンを殺してシンが焦る」というのが定番になっていました。

シンがエスパーだからこその描写と思っていましたが、今回エスパーではないボイルまでもが殺されるビジョンを見ました。

死をイメージさせるほどの殺気を飛ばすことが可能なようです。

もしかすると坂本の能力かもしれませんが、それだけだとちょっと地味すぎですね。

 

こういった部分は設定がガバガバな漫画が多いのも事実。

SAKAMOTO DAYSはまだ始まったばかりなので、どう扱うのか判断がしにくい部分です。

どちらにしても本筋にはあまり関わってこなそうですが、一応注目していこうと思います。

広告

次回以降の展開予想

次回ではまだ戦闘は終わらないかもしれませんが、坂本の本気が見れそうです。

そこが知れなかった坂本に、戦闘があまり描かれなかったルー。

遊園地編で主人公たちの紹介が完了といった所ですかね。

その後は、大きな事件が動き出すかもしれません。

既に人気が出始めていますが、これから更に面白くなっていきそうですね!

<10話  12話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました