広告

【サカモトデイズ】23話のネタバレと考察―シンの能力獲得秘話

坂本ネタバレ
広告

牢に幽閉されていた男はなんとシンに能力を与えた張本人!

今回ついにシンの過去が明らかになります。

22話の振り返り

動く恐竜を花に見せたいと考え、生け捕りを試みる坂本。

しかし、苦戦を強いられ面倒になってきた坂本は、一瞬でTレックスを倒してしまいました。

ラボの研究所では研究員が防護服の男に強制労働させられています。

そこへシンと坂本が現れ防護服の男を倒し、所長の居場所を聞きました。

所長の朝倉は地下の牢獄に幽閉されています。

そして同じ牢に入れられたルーと田中に脱獄を提案していました。

<22話  24話>

広告

23話のネタバレ

以下ネタバレ注意

朝倉

ルーは朝倉がここの所長と聞き、知ってることを全て話すように言いました。

朝倉は、ここが科学研究施設「ラボ」であること、6日と13時間前に武装集団に占拠され、命令に従わなかったら幽閉されたことを話しました。

しかしルーは「なんで自分が攫われたんだ」と怒り、さらに田中に「お前がシンと間違えたのが始まり」と怒りました。

 

それを聞いた朝倉は、「シンってエスパーのシンか?」と尋ねます。

「シンを知ってるの?」と聞くルー。

シンの能力は朝倉が与えてしまったものだったのです。

シンの過去

シンが6歳、朝倉が25歳の頃。

朝倉はラボで超能力の研究をしていましたが、旧友の安藤が子どものシンを預けたまま消息を絶ってしまいます。

朝倉はいたずらも多いクソガキであるシンに翻弄されながらも、しっかり面倒をみていました。

 

シンは朝倉に研究は楽しいのか尋ねると、朝倉は「この研究はまだ誰もやっていない。一番乗りってかっこいいだろ?」と答えます。

シンは感動した様子ですが、照れて「べつに」と嘘をつきました。

「成功したら見せてやろうと思ったのによ~」と笑う朝倉。

シンはワクワクした顔で「本当⁉」と聞いたのでした。

 

その後は、シンは遊びたくても研究の邪魔をしないように我慢したり、居眠りした朝倉に布団をかけたりと、気を使うようになりました。

別の研究員が「できもしねえ研究にご執心とは」と朝倉を馬鹿にした時も、石を投げて「できもしねえって勝手に決めんな」と怒ったりもしました。

目覚め

そんなある日、朝倉の実験が動きを見せ始めます。

朝倉がバタバタしていると、シンが目を覚まし飲み物と間違えて実験中の液体を飲んでしまいました。

 

「まじ~~」とすぐに吐き出したシン。

その後シンとシャワーを浴びながら、朝倉は「実験は失敗だったのか。でもこいつが無事でよかった」と考えていました。

するとシンは「無事じゃねーよ。めちゃくちゃまずかったぜ」と答えます。

実験は成功だったのです。

 

シンは人の思考を読めるようになり、実験が成功したことに喜んでいました。

しかし、思考が読まれることを気味悪がった所員たちは、次第にシンを避けるようになってしまったのです。

 

元に戻そうとする薬を作ろうとする朝倉ですが、シンは「研究が成功したのに嬉しくねーのかよ」と怒ります。

「自分のくだらない研究に巻き込んで申し訳ない」と考える朝倉に「もうしらねー」と言い、しばらくしてシンはラボを出ていってしまいました。

仲直り

その話を聞いて涙するルーと田中。

「シンなら気にしてないよ」と朝倉を励まします。

ルーは自分がシンと一緒に働いてることなどを話し、「坂本家家訓11条『仲直りはその日のうちに』」と笑いました。

 

薬品を取り出し、錠を溶かして破壊する朝倉。

ルーがかかと落としで見張りを倒し、脱出と仲直りのミッションが始まりました。

広告

考察

武装集団

ラボを占領した武装集団。防護服を着ているのが彼らと思っていいでしょう。

数人は殺し屋もいるようです。

 

シンを攫おうとしたのも武装集団の方です。

彼らの目的はまだわかりません。

シンのエスパーを何かに利用しようとしていたのかもしれませんし、坂本をおびき出すための作戦かもしれません。

 

そう遠くないうちに判明しそうですね。

広告

次回以降の展開予想

次回は幹部などの強力な敵との戦闘になるかもしれません。

<22話  24話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました