広告

【サカモトデイズ】33話のネタバレと考察―結婚記念日の戦い

坂本ネタバレ
広告

結婚記念日にクルーズにやってきた坂本。

そこで待ち受けていたのはやはり殺し屋。

サプライズは成功するのか⁉

前話の振り返り

疲れを癒すために銭湯にやってきた坂本一家。

たまたま居合わせた、風呂屋の息子でもある殺し屋が坂本たちを襲います。

銭湯を改造したジェットバスや高温サウナなどのギミックを使いますが、坂本には全く効いていません。

坂本殺しを諦めかけていた時、殺し屋はチンピラに絡まれますが、それを助けたのは坂本。

「工夫を凝らしたいい風呂だった」と褒めていったのでした。

<32話  34話>

広告

33話のネタバレ

以下ネタバレ注意

結婚記念日

坂本は、結婚記念日に花束を隠しながら、葵と二人で豪華客船にランチに来ていました。

出された料理が爆弾ではないかソワソワしながら確認する坂本と、それを見て笑う葵。

ですが、そんな様子を殺し屋が影から見ていました。

 

殺し屋のセコ・ズルーがスイッチを押すと、坂本のテーブルの上の照明が落ちてきます。

坂本はフォークを投げ、フォークが照明ごと天井に突き刺さりました。

 

次の作戦では、ナイフを隠し持ったウェイターが現れます。

坂本は、葵を窓の外に気を逸らせて、バレないように応戦し、撃退しました。

殺し屋襲来

小細工では殺せないと悟ったセコは、スタンバイしていた殺し屋全員で襲い掛かることにしました。

坂本は、葵を抱えながら銃弾から逃げていきます。

 

大量の殺し屋に追われ続け、坂本はついにデッキの先へと追いつめられてしまいます。

そこで坂本は、「高い高いだ」と言って葵を上空に投げ飛ばしました。

 

葵が落ちてくる前に全員を倒し、葵をキャッチした坂本。

しかし、渡そうとした花束は全て散ってしまっていました。

日常

ショックを受ける坂本に、「特別なことが無くたってあなたが好き」と声をかけました。

付き合いたての頃、葵が作ったオムライスを泣きながら食べる坂本を見て、いつもより美味しく感じたと話します。

そして「あなたとすごす普通だけど普通じゃない日常が大好き」と言いました。

 

坂本商店に帰ってきた二人。

ルーは、葵に坂本のどこが好きなのか聞きます。

葵は誤魔化して去っていくのでした。

広告

考察

日常

SAKAMOTO DAYSというタイトルからも分かる通り、この漫画は坂本家の日常を描く漫画です。

今回は、葵にとっての日常がどんな存在なのかがわかりましたね。

今後も葵や花が戦いに巻き込まれることもあるでしょうが、坂本は日常を守るために戦うはずです。

いつか回想で今話のコマがでてくるかもしれませんね。

次回以降の展開予想

まだしばらく日常回が続くでしょうか。

南雲などの懐かしいキャラクターも出てくるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました