広告

【サカモトデイズ】8話のネタバレと考察―シンの新しい能力の使い方!

坂本ネタバレ
広告

これまでとはレベルの違う殺し屋とシンのタイマン勝負!

絶望的な状況で編み出したシンの新しい戦い方とは…⁉

 

7話の振り返り

遊園地に遊びに来た坂本一家とシンとルー。

シンは周囲の声を聞きながら、敵を警戒しています。

すると清掃員に扮した殺し屋が襲ってきますが、坂本がノールックで仕留め、シンとルーが物陰に隠します。

それを見ていた銀髪の殺し屋が、「何も考えなければいいじゃん」と坂本一家に近づきます。

シンに気づかれることなく、ジェットコースターに一緒に乗り込む銀髪男。

男に気づいたシンは、ジェットコースターの一回転を利用し、銀髪男を外に引きづり出しました。

<7話  9話>

広告

8話のネタバレ

以下ネタバレ注意

ジェットコースターのレール上で向かい合うシンと銀髪の男。

銀髪男は”頭で考える前に動くタイプ”なので、シンは思考を読むことが出来ません。

 

その時、ジェットコースターがやってきます。

シンはすんでのところで避けましたが、シンが飛び上がった瞬間を狙って銀髪男が2本のナイフを投げました。

かわし切れずに一本は足をかすってしまいます。

 

次の瞬間、シンの視界がぼやけます。

銀髪男特製の毒がナイフに仕込まれていたのです。

守るもの

銀髪男は「坂本は負け犬の目をしている。彼は死ぬことを恐れている」と話し始めました。

「死にたくないという気持ちが一瞬の判断を遅らせる。だから君もナイフを避けきれなかった。」と爪を噛みながら話す銀髪男。

シンは「とんだ勘違いヤローだぜ」と返します。

「坂本さんは家族を一生守り続ける超難関ミッション中だ。守るもんがある方が人間必死に戦うんだよ」と戦闘態勢を取りました。

 

そこでジェットコースターがもう一台やってきました。

銀髪男はジャンプで避けようとしますが、シンのジャンプが低いことに違和感を抱きます。

シンはジェットコースターを避けるのではなく、空いている席に乗り込み、銀髪男をつかみました。

 

銀髪男の上にまたがり殴り掛かるシン。

しかし避けられ、銀髪男が口から吐いた針が肩に刺さってしまいます。

シンは勝機のヒントを探して周囲の心の声を聴き始めました。

 

それぞれ遊園地を楽しむ声が聞こえてきますが、「ポップコーンうまい」という声を聞いてハッとしました。

そして銀髪男に体当たりし、そのままジェットコースターの外に飛び出しました。

ヒーローショー

落ちた先はヒーローショーのステージ。

「予想外だ」と驚きます。

困惑するヒーロー役を押しのけ、舞台袖からシュガーちゃんの着ぐるみを着たシンが登場しました。

「ここならよく見えるぜ」と言うシン。

銀髪男は「目は治ってないだろ」と返しながらナイフを取り出しました。

 

次の瞬間、着ぐるみをシンの繰り出したパンチが顔にクリーンヒットしました。

「シュガーのラビットパンチだあー!」という実況が入り、観客も沸きます。

 

銀髪男がナイフで突こうとしますが全て避けるシン。

そのままナイフを持つ手を押さえ、「ラビット右アッパー」が銀髪男の顎に決まりました。

銀髪男は「見えているのか?」と驚いています。

指示

坂本の奥さんは「すごい迫力」と感心しています。

坂本は奥さんと娘のことも無視してショーに見入っていました。

坂本は「右、左カウンター、一歩詰めろ」と考え、観客席からシンに指示を送っていたのです。

 

銀髪男は「明らかにさっきと別人の動き」と焦り始めています。

ナイフでシュガーの着ぐるみの顔部分を裂くと、中のシンは目をつぶっていました。

そして「必殺ダイナマイトラビットショック」(ドロップキック)を決め、銀髪男はダウンしました。

 

観客は大歓声をあげ、坂本は「ナイス」と親指を立てました。

シンも「お安い御用っす」とグーサインを返します。

一方、ルーはシンを探しながらまだジェットコースターに乗っているのでした。

考察

いつもはシンが敵の位置などを知らせて坂本をサポートしていますが、今回は逆。

エスパーにこんな使い方があったとは!

それでは考察していきます。

シンの毒

銀髪男は何とか倒すことが出来ましたが、シンは毒を喰らっています。

今のところは目が見えなくなるだけで済んでいますが、銀髪男の発言からすれば致死毒でしょう。

このまま毒が回れば死んでしまうのですが、どう回避するのでしょう。

考えられる方法は以下の通り

  1. 銀髪男が持っている解毒剤を使う
  2. 医者を探す
  3. シンの特異体質で回避

 

普通、毒を使う人は解毒剤を持っているはずです。

そして毒使いは解毒剤を捨てるなどして使い物にならなくするまでがお決まりのパターン。

SAKAMOTO DAYSはまだ始まったばかりの漫画ですし、あっさり解毒して次の展開に進む可能性も十分あり得ます。

もし解毒剤がなければ自力で治すしかありません。

 

シンはエスパーなのでさらに特異体質にしたりはしないでしょうから、自然回復はないと考えていいでしょう。

医者や毒に詳しい殺し屋が登場するかもしれません。

坂本が解毒剤を作れる可能性もありますが、せっかくなら新キャラを登場させてほしいですね。

銀髪男の再登場は?

強そうな感じで登場した銀髪男ですが、2話であっさり倒してしまいました。

第1話の扉絵にいるキャラに似ているので主要キャラじゃないかと予想していましたが、今後も登場するのでしょうか。

 

結論から言うとまた登場する可能性は高いです。

今まではほぼモブみたいな殺し屋でも名前が付いていましたが、この銀髪男は名前が明かされていません。

ですので、例えばルーの死んだはずの兄弟とか、何かしらの秘密をもっている可能性もありますね。

 

描写としては蹴られて吹っ飛んだだけですので、戦いとしてはシンの勝利でもまだ動ける可能性は十分あります。

シンの解毒に関する話もしなければなりません。

 

どういう形でするのかはわかりませんが、とりあえずまだ登場はするでしょう。

広告

今後の展開予想

銀髪男は倒しましたが、遊園地編はまだ続きそうです。

どんでん会の殺し屋はまだまだスタンバイしているでしょう。

シンの解毒騒動があるでしょうが、シンが倒れている隙に娘さんを攫われる展開もあるかもしれません。

シンが退場すればこれまで以上の坂本の激しい戦闘が見られるかもしれません。

楽しみですね

<7話  9話>

コメント

タイトルとURLをコピーしました