広告

【ヒロアカ】ステインが復活!味方になる可能性は⁉

ヒロアカ考察
広告

全面戦争編が終わり、物語にも一区切りがついた「僕のヒーローアカデミア」。

監獄タルタロスが襲撃され囚人が放たれたことで、ステインの動向が話題になっています。

「自分の目的のために行動する”贋物”のヒーローを粛清する」という目的で活動していたステイン。

今後の社会でどんな立場で活動するのか考察してみます。

ステイン

ステインは本名「赤黒血染」で、通称「ヒーロー殺し

個性は「凝血」で、血をなめた相手の自由を奪います。

 

ヒーローとは自己犠牲の果てに得うる称号」という思想を持っており、金や名誉といった利己的な目的で活動するヒーローを嫌います。

そんなヒーローを”贋物”と呼び、各地でヒーローを殺害して回っていた思想犯です。

一方、自分よりも他人のことを優先するような「真のヒーローの素質がある」と認めた人は殺さないようで、デクや轟はその素質を認められていました。

 

保須市でヒーロー殺し活動をしている最中に死柄木にスカウトされ、「今を壊す」という目的が一致したため一時的に敵連合と協力関係になりました。

そこで職場体験中の飯田天哉、轟焦凍、デクの3人と交戦します。

3人の活躍の末、警察に捕らえられ監獄タルタロスに収監されました。

広告

ステインの脱獄

ステインは保須で捕らえられ、監獄タルタロスに収監されていました

297話でオール・フォー・ワンがタルタロスを襲撃し、300話では脱獄したステインの姿が描かれていました。

襲ったのかはわかりませんが、荒らされた骨董屋で刀を手にしていましたので、まだ戦う意思はあるようです。

オール・フォー・ワンの傘下

タルタロスは海の上にあります

囚人達はタルタロスの外に出たはいいものの、橋がなく外に出ることは出来ませんでした。

そこでオール・フォー・ワンは「出たければ僕に従ってくれ」と言っています。

その後どうやって脱出したのかは描かれていませんが、海は大しけなので脳無や黒霧の力で渡ったのではないでしょうか

 

ところが、300話で登場したステインは全身が濡れていました。

タルタロスから自力で泳いで海を渡った可能性が高いです。

つまり、オール・フォー・ワンの傘下には入らなかったということです。

 

たまたま出るのが遅れてオール・フォー・ワンに同行できなかったのか、自分の意思で同行しなかったのかはわかりません。

どちらにしても、オール・フォー・ワンとは関係なく独自で行動するでしょう。

広告

ステインの立場は?

「贋物のヒーローを粛清する」という目的で活動していたステイン。

全面戦争で莫大な被害が出たことで、ヒーローへの風当たりは強くなっています。

辞職するヒーローが続出し、ヒーローの意味が問われている状態です。

ステインの言う贋物のヒーローが篩にかけられているので、ステインからしてみれば願ってもない社会情勢でしょう。

 

一方、「徒に力を振りまく犯罪者も粛清対象」と脳無を殺したり、真のヒーローとなる可能性を認めたデクや轟のことは殺していません。

全面戦争後、勝手にヒーロー活動をする市民が増え、犯罪者が蔓延っています。

ヒーロー殺しの活動をしていた頃と違う社会で、ステインはどの立場で活動するのでしょうか。

ヒーロー殺しを続ける?

全面戦争後、辞職するヒーローが続出しています。

やめたヒーローの多くは恐らく、軽い気持ちでだったり、自分の為にヒーローをしていた人。

ただ、残っているヒーローの中にもいわゆる贋物のヒーローがいないわけではないでしょう。

贋物のヒーローの淘汰に拍車をかけるつもりで、ヒーロー殺し活動を続ける可能性は大いにありますね

市民の淘汰

全面戦争後は、一部の市民はヒーローを見限り、自分で敵と戦っています

ステインとしては、彼らは粛清対象なのでしょうか。

 

ヒーロー免許を持たない人の個性の行使や戦闘は犯罪ですが、少なくとも彼らの場合は「徒に力を振るう」わけではありません。

いろんなタイプがいるとは思いますが、多くの人は富や名誉のためではなく、自衛のために戦っています

スピンオフでの話にはなりますが、ステインもかつてヒーロー免許を持たずに自警活動を行っていた身です。

市民たちが粛清対象になるとは考えにくいです。

脱獄した敵は粛清対象?

タルタロス以外にも刑務所が襲撃され、囚人が至る所で暴れています

それ以外にも混乱に乗じて犯罪を犯す人が現れています。

 

こうした敵の多くは、ステインの嫌う犯罪者であることは間違いありません。

粛清対象となるヒーローが減った今、暴れる犯罪者を殺して回る第三勢力となる可能性もあります

超常解放戦線

超常解放戦線多くのメンバーは捕らえられましたが、まだ解放戦士は社会に潜んでいます。

彼らのことをステインはどう考えるでしょうか。

 

超常解放戦線は一部を除いて信念を持って活動しています

ステインが嫌う「徒に力を振るう犯罪者」ではありません。

理想とする社会は違うものの、信念のある殺人には寛容であると考えられます。

 

とはいえ、「今を壊す」という目的が一致したから敵連合と協力した頃とは状況が変わっています。

現在はステインの理想に近づいている状況です。

このまま理想を実現するために超常解放戦線が邪魔となれば、対立も厭わないでしょう

どう判断するかは注目するポイントですね。

 

個人的には、ステインという存在が際立つので対立してほしいですね。

広告

染み

ステインという名前は、「”染み”のようにじわじわと影響を与えていく」という意味で付けたと堀越先生が言っています。

その名の通り、逮捕された後もその思想を拡げていっていました。

 

一度はその名前の意味をきっちり回収したステイン。

再登場を果たし、今後また活躍がありそうな描かれ方をしていました。

その際にまたじわじわと影響を残すことをすれば胸熱展開ですよね。

広告

まとめ

ステインが今後どう行動するかを考察しました。

  • ヒーロー殺し活動を続け、引き続き”贋物”のいない理想の社会を目指す
  • 各地で暴れている犯罪者を殺して回る

このどちらかの可能性が高いと思います。

根拠のない予想ですが、ヒーロー殺しは続けても「重要な局面でデクを助ける」くらいのことはするんじゃないかと思っています。

今後どう動くのか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました